砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

コーヒーに縁のない私が手動ミルをゲットして家で楽しむようになるまで

お題「コーヒー」

f:id:amai310mizu:20190125045321p:plain

 

「コーヒー」というお題から、私の本格コーヒーデビューを思い出して書いてみました。

初めてコーヒーが美味しい飲み物だと思ったあの日の事。

コーヒー飲みながらでも読んでみてください。 

 

 

 

 

お茶派の私のコーヒー事情 

我が家はお茶派の家です。

緑茶をよく飲みますし、常備しているのも麦茶など。

ケーキなどと楽しむなら紅茶なのでコーヒーってあまり馴染みのない飲み物でした。

 

そもそも幼い頃からコーヒーの香りは好きでしたが、苦さが苦手で。

缶コーヒーとか、そういうものも買った覚えがありません。

好んで飲む飲み物ではなかった

それがコーヒーです。

 

手動ミルに憧れて

コーヒーに馴染みのない私がコーヒーに憧れるようになったのは、手動のコーヒーミルを貰ってからでした。

貰ったというか、お下がりだったのですけど。

レトロな感じで、シンプルだけれどもとっても可愛い。

そんなコーヒーミルを使いたいな、と思ったのがきっかけです。

 

コーヒーミルを貰うまでは本当にコーヒーとは縁のない生活をしていたと思います。

ミルを貰ったのは17とか18歳頃だったと思いますが、

田舎にはオシャレなコーヒーショップは無いし、喫茶店なんかに行くような生活をしていたわけでもないし。

そもそも外食をしない家で、家で飲むのはお茶だし。

と、本当にコーヒーを口にする機会のない生活でした。

 

手動のコーヒーミルを貰ったのはたまたまでしたが、

アレで豆をゴリゴリと挽いたら楽しそうだなあ、さぞ美味しいコーヒーが飲めるんだろうなあ、とぼんやり期待をしていました。

普段からコーヒーを飲んでいたわけでは無いので、コーヒーというものにお洒落な香りを感じていたんです。

それに、コーヒーを飲むってなんだか大人びている、とも思っていました。

 

今まで飲みたいとも思っていなかったコーヒーでしたが、

手動ミルを手に入れて一気に飲みたい物に変化したんです。

 

豆ってなかなか売ってない

さて、手動ミルを手に入れたのでコーヒーを飲むために必要なアイテムは

・ペーパーフィルター

・ドリッパー

・サーバー

・豆

となりました。

 

ペーパーフィルターやドリッパーに関しては100円ショップで揃える事ができました。

サーバーも家にあるもので代用。

 

最後になりましたが何よりも重要なのが豆。

スーパーにはコーヒーの棚があるし、それなりの品揃えなのだから豆だって売っているだろう。

安易に考えていつも行くスーパーへ行ってみたのですけど…「無い!」

コーヒーコーナーはあるのに、そこそこアイテム並んでるのに、みんな粉になっている…!

 

コーヒーの並んでいる棚のある場所って普段立ち寄る場ではなかったし、詳しく一つ一つのアイテムを見たことも無かったけれども、

「これだけの数あるのに豆って無いんだ…!」と大きなショックを受けました。

 

そもそも行きつけのスーパーは田舎のスーパーで、大きなチェーン店でもなく、規模も大きい訳でもなく、

それが悪いとは言いませんが、売れるものしか置いてないと考えるなら、

コーヒー豆を買って家で優雅に楽しむような、そんな生活をしている人がこの地域には居ないという事なのかな、と感じて家に帰りました。

確かに、行きつけのスーパーで見かけるのは祖母くらいの年代の人ばかり。

そんな方たちがコーヒーを楽しまないとは言わないけれども、わざわざ豆買ったりはしないのかな、と。

 

近場のスーパーで豆を手に入れられず、手動のコーヒーミルでコーヒーデビューというのはすぐにはできませんでしたが、

後日、休みの日にちょっと遠めの大きなスーパーへ行き、なんとか豆をゲットしました。

 

じっくり味わう大人の味

さて、ようやく必要なアイテムを揃えて手動のコーヒーミルデビュー!

ゴリゴリと豆を挽いて、豆の良い香りを楽しんで、

ゆっくりとお湯を注いで、なるべく美味しくなってくれるよう…

気分は電王の愛理さんです。「豆たちが仕事をしている」って言う気持ちがちょっと分かりました。

 

待ちに待った手動ミルで淹れたコーヒー!

コーヒーをここまで待ち望んだのは人生で初めて。

 

猫舌なのでそーっとカップに口をつけてひとくち。

「美味っ」と心で叫びました。

今まで飲んだ事がある数少ないコーヒーと比べてなんだかコクのようなものがある。

じわぁっと広がる美味しさは初体験でした。

コーヒーを淹れるために豆を挽いたりしていた部屋は嬉しい事にコーヒーの匂い。

それもなんだか幸せ感をアップさせます。

 

そもそもコーヒーと縁のない生活をしていた私。

飲むコーヒーはアイスが多かった気がします。アメリカンと呼ばれるような、薄いやつ。

それをガブガブっと一気に飲み干していたような気がします。

 

ホットをじっくりと飲む経験があまり無かった事もあって、初めて手動ミルでコーヒーを淹れた時のこの美味しさと感動は衝撃でした。

 

家で楽しみたいコーヒー

コーヒーショップ、チェーン店などでは、お洒落なコーヒーが売ってますよね。

行った事が無いに等しく、頼んだ事も無いので、憧れるばかりですが。

ラテアートとか、絵が描かれているものだったり、

クリームとかトッピングとか豪華だったり。

 

そういったお洒落なコーヒーも人生で一度は飲んでみたいなあと思うのですが、

私としては家で自らミルで豆を挽いて、淹れたコーヒーをマイペースに楽しみたい、というところに落ち着いてしまいます。

 

もちろん、お店でプロの方に淹れてもらったコーヒーは美味しいのだと思いますが。

そういったコーヒーもいつかは飲んでみたいし、

普段スーパーで豆を購入していますが、コーヒーの専門店などちょっといいお店で、豆を選んで買ってみたいとも思います。

 

正直まだまだコーヒーの味の違いを語れるような人間ではありません。

しかし、コーヒーの美味しさを知る事が出来てからは

気分転換にコーヒーを飲むという事をするようになりました。

お仕事のお供に、リラックスタイムに、コーヒーを飲む人の気持ちもよく分かるような

ちょっとだけ大人になれた気がしたあの頃を思い出す、

それが私のコーヒーです。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ インドア派女性へ
にほんブログ村