砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

歯の矯正をするにあたってやっぱり気になるお金のコト

f:id:amai310mizu:20190131045219p:plain

歯の矯正の話2日目は、気になるお金について書いていこうと思います。

 

何かと必要になるお金。

歯の矯正で今まで私が必要になった金額を、書いていきます。

 

 

 

 

持った事の無い大金

歯の矯正初日。

私が何の心構えも無く歯医者に行った日。

私はとても緊張していました。

 

それは、歯の矯正を始めるからではなく、人生で持った事も無いような大金を鞄の中に入れていたからです。

スリにあったらどうしよう、置き引きにあったらどうしよう、と

待合室で強く鞄を握りしめていました。

 

そんな歯の矯正初回。

かかった費用は64万円

先生曰く、倍高い金額の歯の矯正コースもあるそうです。

「正直貴女にはそっちの方が良いと思う」とも言われたのですけど。

まあ、そんなお高いお金は出せないので一般的な歯の矯正をお願いして、この金額です。

 

受付で支払いを終えるまで、本当にドキドキとしていました。

大金を銀行から出して持ってきたのですから、間違いはないのでしょうけれど、

足りなかったらどうしよう…と本気で心配してました。

支払いもキッチリ金額チェックしていただいて、矯正初日は終了。無事帰宅しました。

 

定期的に出て行くお金

歯の矯正は当たり前ですが、定期的に歯医者に通院します。

その都度かかる金額が、5400円

これが、月に一回の通院の際に払うお金です。

 

何をするかと言うと、ワイヤーの交換をしたり、ブラケットを着けたり、取ったり。

私の場合は、下の歯列を押すために金具もつけているので、それの調整をしたりしています。

 

それらにかかる時間は、早ければ45分くらい。

長いとやっぱり1時間以上かかります。

 

先生と鏡を見ながら、「ここは綺麗になってきたね」と、確認する時間が嬉しい時間でもあるのですが、

処置によっては痛みが伴うので、

歯医者に行くときはやっぱりビクビクしながら通院しています。

 

突発的に必要になるお金

歯に矯正器具をつけて次の週。

歯磨き講座がありました。

矯正器具をつけての歯磨き方法を教えてもらうのですけれど、

それにかかった金額が、1140円

 

歯の歯垢を赤く染めて、ここら辺は磨けていませんよ、とチェックして

歯磨きをみっちりと教えてもらう時間です。

歯の矯正を始める前、歯並びが悪い私は何度もこの歯磨き講座を受けています。

徐々に、歯磨きに関して「努力しているのは分かる」と先生に言われるまでにはなったのですけど。

矯正器具をつけると、歯磨きの難易度が一気に上がります。

ハブラシの毛が当たらない場所が出てくるので、時間もかかるし、気を使わなければならず…。

歯磨きの時間が正直面倒だと思う事も多々あります。

 

しかし、矯正中に虫歯になってしまうと

その分だけ矯正が遅れる事になるので、それだけは避けたいとその一心で歯磨きしています。

 

そして、突発的な出費が『ブラケットの破壊』。

私は大丈夫だろう、と思っていたのですが

現在までに2回ブラケットを破壊して、予約外の通院をしています。

この時にかかる金額が、1080円

おやつに豆菓子を食べていたらブラケットを壊してしまったり、おやつにおこしを食べていたらブラケットを壊してしまったり…。

私はおやつによってブラケットを破壊してしまっているのですけど。

 

ブラケットが壊れる以外にも、歯からブラケットが取れてしまったり、ワイヤーが外れてしまったり、と

予約外で歯医者に行かなくてはならない事もあるかと思います。

多分、その時にかかる金額も同じかと。

 

やっぱり矯正はお金がかかる

歯の矯正にはお金がかかります。

初期費用だけでなかなかの高額を払わなくてはならず、定期的な通院でも固定額出ていきます。

私のように不注意だと、それにプラスした出費が。

 

歯の矯正は医療費の控除の対象ではない、と言われていますが

お医者さんから診断書を書いてもらう事ができれば、控除してもらえる事もあります。

私の場合は控除ができ、3万円ほど返ってくる事になりました。

それもまた、矯正のお金になるのですけれど。

 

医療費控除の事も考えて、歯医者で支払ったお金がいくらであるか、明細書は捨てずにとっておくことをオススメします。

必ずそれなりの金額が返ってくるとお約束はできませんが、可能性があるのですから、残しておく事に損は無いと思います。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村