砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

実は身近だったちょびっと怖いオハナシ

f:id:amai310mizu:20190418193820p:plain

春ですが、幽霊のお話をしましょう。

 

と言うのも、私の父にも母にも霊体験があった事がつい最近判明しました。

霊感とか、そう言うものには無縁だと思っていたのですが、

そうでも無かったようです。

 

 

 

 

父の 重たいバイク

小さい頃から父に何度か聞かせてもらっていた話です。

 

父はバイクが好きで、ハーレーとか乗ってました。

若い頃から、ずっとバイクが好きで乗っていた父。

 

とある夜に、一人でバイクに乗っていたら、

明らかにバイクが重くなったそうです。

それは、後ろに誰かが乗っている、と分かる重さ。

でも、バイクの運転中に誰かが後ろに乗れるはずもなく、

もちろん誰かを乗せた覚えもなく…。

父は、「ああ、乗られたなぁ」と思ったそうです。

 

見えない誰かにバイクの相乗りをされたのは1回や2回ではないらしい。

 

バイクって、私も兄の運転するバイクの後ろに乗せてもらった事がありますが、

人の体重がとても重要でよく分かる乗り物ですよね。

カーブを曲がるときなんかも、体重のかけ方が大切になってくるし、

後ろに乗っている人の重さというのは運転している人にはよく伝わるようです。

 

夜のバイクの運転、

見えない誰かと相乗りするなんて…

父はその事に慣れていたようですが、

幼い頃にこの話を聞いていた私は、ヒヤヒヤとしたものです。

 

母の金縛り

母が一人暮らしをしていた頃、

夜一人で寝ていると、部屋の中に誰かが入ってくる気配が。

可笑しな事に、玄関からその誰かが入ってくる気配がして、

廊下を歩いている、あの部屋に入った、この部屋に入ってきた

という気配が目を閉じているのに分かったそうです。

 

誰か、が母の寝ている部屋に入ってきた途端

母の体は金縛りにあって、動けなくなってしまったそう。

もちろん閉じていた目を開ける事も出来ず。

怖いし、体は痛いし、どうしよう…

と思っていたそうです。

 

母なりに抵抗して、動こうとしていたようですがそれもかなわず。

 

どれくらいの時間が経ったのか、

ふっと金縛りはとけたそうですが、

とても怖い経験の一つだったと話してくれました。

 

ちなみに、母はつい最近も寝ていて怖い思いをしたそうです。

寝ている自分の上に岩のような思い何かが乗っていて苦しくて身動きが取れない

と言うような事があったらしい。

金縛りでは無いとの事でしたが、

それはそれで怖い。

 

ラップ音

さて、両親の怖い体験を書いたところで私。

幽霊が関連しているような怖い思いというのはした事が無い気がします。

 

が、唯一思い浮かぶのはラップ音。

とある夜、お風呂に入っているとミシミシ、バチバチ、と

浴室が音を立てました。

家が音を立てるって割と経験しているので、

普段なら家鳴りだな、で片づけるのですけど

あの時の音は明らかに違いました。

ミシミシ、バチバチ、ミシミシ、バチバチ

とんでもなく大きな音で、浴室の天井四隅がずーっと鳴っている感じ。

 

これがラップ音というヤツか…?

と湯船に浸かりながら一人考えていました。

 

実はその日の翌日、霊感のある人に会う予定がありまして。

もしかしたら、それがキッカケとなってラップ音が鳴ったのかなぁと思ったりしています。

正確な事は分からないのですが。

霊感のある人に霊視的な事をしてもらう予定のあった前日だったので

目に見えない誰かがサインを送ろうとしていたのかなぁ、なんて考えています。

 

霊感あるかな…?

今まで霊体験とか幽霊とか、無縁だと思っていました。

幽霊が居るとか居ないとか、そういう事もよく分かりませんけれども、

でも、原因不明の怖い思いってした事も無ければ縁もない事だと勝手に決めていました。

 

しかし、よく思い出せば父の怖い体験を小さい頃に聞いていたし

つい最近になって、母も怖い体験をしていたのだと知って、 

自分にも全く無縁の事ではないのではないか、と思うようになりました。

 

幽霊が視えるとか、そう言う事は無いんですけど。

もしかしたら、私もそれなりに怖い体験をする事になるのかもしれません…。

怖い。

 

霊感とかって、もしあったとして、遺伝するものなのでしょうか?

それとも、突然覚醒するものなのでしょうか?

分からないですけれども、

出来ればそういった事とは無縁の平穏な生活を望みたいです。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村