砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

脱・お菓子生活が身についてきた感じ

f:id:amai310mizu:20190501083811p:plain

砂糖を含むもの(お菓子類)を食べない事が日常になってきたこの頃。

強烈な食べたい欲に襲われる事が無いわけではないのですが、

そんな時でも、頭に浮かぶ選択肢の中にお菓子類は無くなってきています。

 

 

 

 

実は平気だった

毎日の様に何かしらの甘い物、おやつを食べていた日々がとても遠く感じるのですが、

甘い物を毎日の様に食べていた時って、

本当に毎日何かしらの甘い物を食べなければ生きていけないと思っていました。

 

でも、今になって考えると

お菓子類を食べる必要性は無い気がしていて。

 

やっぱり砂糖の中毒性の様なものに掴まっていたんだと思います。

 

ストレスがかかると甘い物を食べて発散する、

という様な事もしていましたが、コレも不必要な事だった

と、今になって感じています。

 

もちろん、甘い物は好きだし

食べられるなら食べたいし。

甘い物が幸せを運んでくれて、嫌な事もちょっとは忘れさせてくれる。

そんな力がある事は分かっています。

 

でも、甘い物と私との間に必要なのは適切な距離

やっぱり、あの時の私は砂糖中毒の様な状態だったんです。

砂糖と二人三脚している感じ。

 

依存しすぎず、良い距離を保つ事って重要なんだな、と

砂糖を通じて教えられた気分。

 

焦がれる?

我が家には基本的に何かしらのお菓子が常備されています。

家族と一緒に住んでいる訳ですから、その家族が食べる分であったり

来客があった時に出すようであったり、と

とりあえずお菓子が常にある我が家。

 

そんなお菓子類を見ても心が揺れる事はほぼ無いと言っても過言ではありません。

 

お菓子が目に見えるところにあっても、

お菓子類をしまってある棚を知っていても。

 

お菓子類を食べない生活をスタートしたばかりの頃は

本当に気をつけて、

甘い物を視界にも入れないぞ!と強い心で居ましたが

今はとってもラフな感じ。

それでも、甘い物に心揺れるなんて事が無くなったのは

やっぱりこの生活が身について来たからだと思います。

 

慣れてしまえば、

目の前で人がお菓子を食べていようと何とも思わない、のでしょう。

私もその境地に徐々に近づいて行けてるのだと思いたいです。

 

心健やか?

砂糖に依存しすぎると、メンタル的にも調子を崩しやすくなってしまったりするらしいです。

 

お菓子類を食べていた頃は、甘い物が食べたくてイライラする

なんて事もありましたが

最近はそういったイライラ感を感じる事は無いように思います。

 

何かしらを食べたくて落ち着かなくなる事はありますが、

そんな時の落ち着きの無さと衝動的に何かしらを食べるという時でも

甘い物を貪って延々と食べ続けるという事はなくなった気がします。

 

単純に日々の間食の頻度や量が減ったのも良い傾向だと思います。

食事以外に何かしらを食べなければ生きていけない、

と思っていた頃もありましたが

今では間食をしなければという心も無くなりました。

 

お菓子類を食べなくなって、一番大きく変化したのは

やっぱり間食に対しての意識。

コレが薄くなってきたのは大きい気がします。

 

また、甘い物が食べたくてイライラするなんて事もなくなったのは良い事ですよね。

 

お菓子類を食べない生活が身についてきていると実感できて嬉しいです。

この調子で次の1週間も頑張りますよ~。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村