砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

祖母の食欲について不安な私

f:id:amai310mizu:20190510184920p:plain

最近の私の不安事の一つに祖母の食事があります。

私一人で悩んでいても仕方ないので、ブログに書いてみようと思います…。

 

 

 

 

食欲のない祖母

祖母は月に一回定期的に医者へ通院しています。

貰っている薬の名前を全て完璧に把握しているわけではありませんが、

片頭痛の際に飲む痛み止めや、夜眠りに入りやすくする入眠剤のようなもの、

最近では天候に合わせて片頭痛や耳鳴りが起こりにくくなる漢方などを処方されているようです。

 

それだけならば問題はないと思います。

が、

血糖値を下げるための薬を先月処方された祖母。

 

冬の間中、寒くてあまり動かず(仕方のない事だと思いますが)

少し血糖値が上がってしまったらしいのです。

血糖値が高いのは良くない事くらいわかります。

 

しかし、この薬が何だか厄介。

 

食前に飲む薬なのですが、祖母はこの薬を飲んでから食欲がなくなりました。

普段から食事の量が多い人ではないし、間食だって時々をほんのちょっと楽しむ人なのに、

一気に食欲がなくなってしまって…

 

お茶碗一杯のお米を食べるのにも苦労しています。

朝はなんとか食べるのですけど、

お昼や夕飯はお茶漬けのようにして流し込んでいる事がほとんど。

更に言うなら、お昼や夕飯の時はお茶碗へよそうお米の量がとても少ないんです。

 

おかずに関しても、つけ物類がメイン。

焼き魚はお昼ならば食べられるようですが、夕飯ではダメ。

煮物などは味がくどく感じてしまうようで、手を伸ばさなくなりました。

 

これでいいの??

先日、5月分の通院をした祖母。

食欲がなくなっているのが分かっているので、その旨医者に相談するように私は言いました。

祖母も医者にその話をしたようですが、

・体重が減っている

・血糖値が下がった

という2点から、「とても良い傾向」だと医者に言われたそうです。

 

食欲が無いんだから、食べないし、体重が落ちるのは当たり前。

でも、祖母は元々太ってない。

ちょっとぽっちゃりくらいだけど、体重に問題があるとは思えない。

血糖値が下がったのは良い事なのかもしれないけど、

でもやっぱり食欲がないって問題だと思うのです。

 

これから暑くなるとさらに食欲が減るのに、

薬でそれをコントロールして食欲が湧かないようにしている今に違和感を覚えます。

 

私は医者ではないし、ただの素人だから

薬の事も、血糖値の事も、分からないけれど

普段生活を一緒にしている身としては、とても問題に思えるのです。

食欲がないって…本当に大丈夫なんだろうか?

 

血糖値は低い方が良いだろうし、健康で居てもらいたいけど、

食事を楽しめる方が良いと思うんです。

元々そんなに食べる人じゃないから、

食べたいものがあるならそれを食べてほしいし、美味しいと思ってほしいし、

 

最近は食事に関しても関心が薄れてきているので、余計にマズイと思うんです。

 

どうすべきか

基本的に食事の支度をしているのは私。

と言っても、テーブルに並べるだけで特に凝った料理をするわけではありません。

 

こだわっているのは朝の味噌汁くらい。

この味噌汁を具沢山にするのも、祖母になるべく食べて欲しいからなんですけど。

 

もう80歳を超えている祖母。

健康で長生きしてもらいたい気持ちはもちろんあります。

でも、やっぱり食事を楽しめない生活はなんだかなぁと思ってしまうのです。

 

医者は血糖値も体重ももっと落とせる、と言うそう。

そりゃ、そうなのかもしれないけど

毎日の食事の楽しいを奪ってまでする事なんだろうか…?

 

祖母が健康で居てくれるのは嬉しいけど、

ご飯が美味しくないのは…

 

どうすべきなんだろう。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村