砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

私の好きな色である緑について書いてみた

今週のお題「わたしの好きな色」

f:id:amai310mizu:20190624155442p:plain


 

「好きな色は?」

と聞かれたら、私の答えは

緑色

です。

 

細かく注文をつけるなら、緑よりも黄緑に寄った色であったり

ピーコックグリーンと呼ばれるような色が好き。

 

好きだからなのか分かりませんが、私の部屋には緑のアイテムが多いです。

無意識のうちに集めちゃうのかなー?

 

 

 

 

部屋の緑

私の部屋には緑のアイテムが多いです。

布団のカバーや毛布、ラグ、ヨガマットなどなど

大きなアイテムが緑なので、部屋のイメージも緑。

カーテンも、私が選んだわけではありませんが緑です。

 

いつも使っているマグカップを置くためのコースターも緑。

これに関しては私が欲しくて意図的に緑の色の物を買ったのですけど、

部屋の大きなアイテムが緑なので自然とマッチしています。

 

緑、なぜか惹かれてしまう色。

「どうして好きなの?」

と理由を聞かれても困るのですけど、好きな色なのです。

 

感じる緑

色って人に抱かせるイメージが大方決まっていたりしますよね。

緑はその言葉だけで自然をイメージさせる色。

癒しを感じる色でもあります。

まだまだ若いとかそう言う意味では未熟というようなイメージも。

 

無意識のうちに癒しを求めているのかもしれません、私。

それとも、自分がとっても未熟である事を無意識のうちに色で示しているのか…?

 

色って目を閉じていても皮膚で感じると言われています。

赤い部屋はとても圧迫感を感じて居心地が悪い。

それは目を閉じていても同じ、という話を聞いたことがあります。

 

緑という色を目でも肌でも感じ取っている私。

自分の部屋で寝起きをしている訳ですから、落ち着ける、安眠できる色が良いわけで、

それを考えると緑と言うのはとても良い色と言えますよね。

 

布団カバーや毛布など寝具に緑の物を選んでいると言うのは

無意識に安眠できるアイテムを選んでいるという事なのかもしれません。

寝具に包まれて眠るわけなので、

肌で緑を感じ取っているという事ですよね。

 

理由はない

好きな色って人それぞれ確実にあるものだと思いますが、

理由を聞かれて明確に答えられる人は少ないのではないか、と勝手に思っています。

私自身が明確な理由を答えられないからなのかもしれませんが。

 

理由がすぐに見つからなくても、好きなものは好き。

 

意識的にも、無意識にも手に取ってしまう、集めてしまう緑。

いつから好きになったのかもよく分かりませんけど、

私を癒してくれているのだと思いたいです。

 

緑という色が表す未熟という意味を自分が背負っているのなら、

どうにかしてもうちょっとでも成長しなければ、とも思いました。

 

色から見えてくる自分の事って、

実は色々とあるのかもしれませんね。

 

緑、深い緑も鮮やかな黄緑も大好きです。

でも、理由は思いつきません。

理由のない好きも悪くはないものだと思っています。

案外、そっちの方が信頼できるのかも…。

 

という事で、今回は私の好きな緑色について考えてみました。

緑好きとしては、部屋に小さくても良いので観葉植物でも置いてみようかな。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村