砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

職場の人間関係の面倒な部分が見えてきたよ、と言う話。

f:id:amai310mizu:20190823085352p:plain

お仕事を始めて1か月ほど経ちました。

少しずつ仕事にも慣れて、職場の人ともそれなりにお話をするようにもなり、見えてきたものがあります。

 

何処にでも転がっている様な、人間関係の面倒な部分。

今の職場でも、見えてきてしまったんです。

 

 

 

 

若い職場

今の職場は人がとても多い訳でもなく、シフトが細かく決められているので、その日に会うのは4人くらいです。

その4人くらいの人と一緒に仕事をし、終える、という感じなので、大人数での作業などが苦手な私にとってはとても助かっています。

 

そんな今の職場は比較的年齢が若い。

私に仕事を教えてくれている人も私よりも年下。

10代後半の子なども居て、本当に若々しい職場です。

もちろん、年上の方も居ますけどね。

 

活気のある、というとまたちょっとイメージが違うのかもしれませんが、

それでも、こんなに若い人たちが多い職場は初めてなので、そういった面でもとても新鮮です。

 

私に仕事を教えてくれている子は、とても若いのにとてもしっかりしています。

話していても、凄いなあと思わされる事が多々あるのです。

 

問題点

そんな今の職場にも問題点というか、黒い点のようなものが…。

職場に居る皆が「辞めてほしい」と思っている人が居るんです。

ある意味、凄いですよね。

皆がみんな、その人に対して仕事を辞めて欲しい、と感じるなんて。

 

感心している場合でもないんですけどね。

 

具体的にどこがどのように問題なのかを書き始めると止まらなくなるので書きませんが、

その人のせいで私が職場に入ってからの1か月の間に3人もの人が辞めてしまいました。

 

辞めて欲しい、と思っている人が原因で、せっかく入ってきてくれた、仕事を続けてくれていた、人が辞めてしまったのです。3人も。

これって大きな問題ですよね。

辞めていく子たちは皆、その人の名前を出し、その人が居るなら私は仕事を辞める、と言ったのです。

 

私に対しても、問題のある言動をしています。

今の所私の心を折る様な、大きな事は起きていないので、私は仕事を辞めるという選択肢を取っていませんが、もしかしたら、いつかそんな日が来るのかもしれません。

 

少なくとも、私に仕事を教えてくれている子が職場を辞めてしまったら、私も辞めようか、と考えてはいます。

私に仕事を教えてくれている子はとても頼りになる子だし、その子が居るから職場は機能しているのであって、その子が居なくなったら崩壊するのは目に見えています。

 

何の問題もないクリーンな場など無いのは分かっていますが、こういった問題を抱えている職場と言うのは初めてなので、自分の身の置き方をすごく考えてしまいます。

しかしながら、部長も頭を抱えていて、辞めてもらいたいと周囲から思われてしまっている人もなかなかしぶといのです。

そう簡単に解決するような問題ではない感じ。

そもそも、簡単に解決しているのであれば、私がパートで職場に入る前には既に居なくなってるでしょうから…。

どうなるのかなぁ?

私もいつか、心を折られる日が来るのかも…。

 

ハッピーダウン

仕事自体は、今の所辛いと思う事は少ないです。

なんとか自分なりに、ついて行けているかな?位のところまではきています。

失敗した事もありますが、同じ失敗を繰り返さないようにする事が大事なのだと、心を向き直させました。

失敗ばかり見ていると落ち込んでしまいますからね。

 

問題のその人が居なくなれば、人間関係もだいぶ軽くなる職場だと感じています。

入ったばかりの私がその問題に首を突っ込む必要性はないでしょうけれども、巻き込まれかけているのは事実なので、自衛の方法と、対処などを考えていかなくてはいけないでしょう。

難しい事ではありますけれども。

 

なるべく長続きさせたい今の仕事。

人間関係がクリアできれば、相当良い職場と言えるのですけれど。

なかなか、難しいですね。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村