砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

クッションを味方につけるブラシ!

f:id:amai310mizu:20191015052656p:plain

少し前にクッションファンデの使い方を悩んでいる、とブログに書きました。

 

www.310mizu.com

 

そこから自分なりに色々と試してみて、良さげな使い方を見つけられたので、それについて今日は書いていきたいと思います。

 

 

 

 

パフは合わない

クッションファンデを使っていて一番の悩みは化粧崩れでした。

午後になってくると、肌から浮いてきて汚い崩れ方をするのがどうしても嫌で、クッションファンデを使う日は、基本的に午前中で用事を済ませるか、そもそも外出等をしない日、と決めていました。

 

クッションファンデを使う時は、付属のパフを使って塗っていました。

クッション部分に少し押し当て、カバー(蓋みたいな部分)でパフにファンデを馴染ませて、それから肌へポンポン。

私の持っているミシャのクッションファンデは、そこそこのカバー力があるものなので、ポンポンと肌に乗せていくと、肌の赤みなどは綺麗に消えてくれます。

その状態がしっかりと長持ちしてくれれば良いのですけど…。

 

クッションファンデを使う際にも化粧下地を使っています。しかしながら、午後になると崩れてしまうんです。

 

パフを使ってのクッションファンデでのメイクは私の肌には合いませんでした。

そこで、登場したのがブラシです。

 

ニューアイテム

かなり前に、CCクリームやBBクリームを使う際のブラシが欲しくて、安いブラシセットを購入していました。

そのブラシがクッションファンデを使う際にも使えたんです!

 

ブラシでクッションファンデを取り、肌に塗っていく。

パフを使う時よりも薄づきになるのですけど、その分崩れ方も優しいというか、汚い崩れ方にはならないんです。

また、薄づきになるのでカバーしたい部分には重ねていけばOK。

パフよりもブラシの方がクッションファンデを扱いやすいというのは盲点でした。

 

ブラシを使う事で、薄づきでナチュラルな感じに仕上げる事ができて、崩れ方もあまり気にならず、快適にクッションファンデを使う事ができています。

 

仕上げにパウダーをTゾーンにのせるのですけど、それだけで程よいツヤ感のある肌に仕上げる事ができます。

マットとかセミマットの仕上がりが好きな私ですが、ブラシを使ったクッションファンデでのベースメイクもなかなか気に入っています。

 

ブラシは安いものなので、遠慮なく洗って使う事ができるのも嬉しいポイント。

パフも毎回洗って使っていますけど、劣化が気にならないという点でもブラシの方が好きかなぁ。

 

良いお付き合い

クッションファンデの良い使い方を見つける事ができてとても嬉しいです。

パフの方が時間的には短時間でベースを作る事ができる感じがしますが、朝は時間がたっぷりと確保できるタイプの生活をしているので、ブラシで丁寧にベースを仕上げていく方が私には合っているように感じます。

メイクの仕上がりや、崩れ方を見ても、やっぱりブラシの方が良いかな。

 

せっかく購入したクッションファンデ。

上手い使い方が見つからないまま放置なんて事にならなくて良かったです。

これからは、ブラシでもっと綺麗なナチュラル肌を作れないかどうか色々と試してみたいと思っています。

 

上手いコスメの使い方が見つかるだけでメイクは楽しくなりますね~。

少し前まで悩んでいたのが嘘のようです。

手持ちのコスメたちで、日々より良いメイクができるように考えたり工夫したりするのもとても楽しい。

これからの時期は徐々に暑さも和らいでいくでしょうから、クッションファンデには大活躍してもらう予定です。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村