砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

祖母との内職が楽しいここ最近の話。

f:id:amai310mizu:20191026095552p:plain

家に籠って勉強やら運動やらをしている最近。

祖母の内職のお手伝いをする機会が増えました。

 

細々と作業をする内職。

これがとっても楽しいんです。

 

 

 

 

延々と

内職って細かい作業とかちょっと面倒な作業をする事が多い気がします。

そして、同じ事の繰り返し。

機械でおこなえない事など人の手を借りなければいけないような細々とした作業をするのが内職。

主に100円ショップで売っている様な商品とかを持ってきていただく事が多いです。

 

取り扱う商品が変われば、おこなう事も変わるのですけど、それでも一定の期間は同じ作業の繰り返しです。

これが、とっても楽しい。

 

臨機応変とかその場の対処みたいなものが苦手な私。

その代わりに、同じ作業を黙々と延々続けるのは大得意です。

しかも、家に居ながらにして働ける!

嬉しい事の詰め合わせが、内職なんです。

 

元はと言えば

元々は祖母のお友達が内職をされていたようで、その内職のお仕事を持ってきてくれる会社の方が、一人でも内職を受けてくれる人が増えるとありがたい、と祖母に話をしたんです。

そして、その当時仕事をしていなかった私も手伝う事ができる、という事で内職をスタートさせました。

 

仕事に行っていた時は祖母のお手伝いは出来なかったのですが、今は時間は沢山あるので自分の活動以外の空いた時間にちょくちょく祖母の内職を手伝っていたりします。

 

祖母に「内職を始めてみたらいい」と言ったのは私なので、ちょっと責任を感じていたりもします。

でも、内職の手伝いはとても楽しいので、ストレスなく細々とした作業に没頭できています。

 

仕事をしていないという事がストレスに感じる事もあるのですが、そう言う時は内職のお手伝いをして、ちょっとでも役に立っている、と自分を慰めていたりもします。

 

ラジオと共に

内職をしている時はラジオを聞いています。

普段ラジオなんて聞くような生活をしていないので、そういった面でも新鮮というか、耳から入ってくる情報だったり、ラジオ番組の面白さだったりを感じています。

また、内職をしている最中に祖母とお喋りをするのもとても楽しい。

 

祖母も内職を黙々とやるのが苦痛ではないようで、何かやるべき事がある方が生活にハリが出る、と言っていたりもするので、内職を始めるという選択をしてよかったなと思ったりしています。

 

しばらくはどこか外に出て働くという事をするつもりのない私。

勉強とカウンセリングで自分と向き合って、治すべきところを治していかなければ、仕事に就いてもまた長続きしないだろう、と思うのです。

 

この先しばらくは時間がたっぷりある生活になるので、祖母と一緒に内職を楽しんでいきたいと思っています。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ インドア派女性へ
にほんブログ村