砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

お酒を呑むと食がすすむという話

f:id:amai310mizu:20200421020424p:plain

普段からお酒を呑むような生活をしているわけではありませんが、月に1回くらいでお酒を呑んだりします。

 

すると、とてつもなく食欲が湧いて来るのでした。

 

 

 

 

呑むより食べる

お酒、主に私が呑むのはビールなのですが、お酒に関してはそんなに強くも無いので1缶呑んでしまえばもうフラフラ。

 

顔も真っ赤になり、お酒を呑むという欲に関してもそれだけで満足出来てしまいます。

 

しかし、満足しないのが食欲。

お酒を呑むことで、食欲スイッチがオンになってしまうのか、とにかく食べる手が止まらない。

家にある食べられそうなものを片っ端から食べていくという始末。

 

おつまみになりそうな物から、そうでは無い物まで。とにかく食べたくなってしまうのでした。

 

止まらない

お酒を呑むことで、ストッパーが壊れるのか分かりませんが、とにかく食べまくってしまう私。

当然体重も増えます。

 

毎日その様な生活をしていたらとんでもなく体重が増えて、あっという間に太るのは目に見えています。

唯一の救いは、私がお酒好きではなかったこと。

 

嫌いではありませんが、毎日晩酌をする様な生活をしているわけでは無いので、なんとか太らずに済んでいるという感じです。

 

お酒を呑んでちびちびとおつまみを食べるのであれば良いのでしょうけれど、それが出来ずにバクバクと食べ始めてしまう…

一人でお酒を呑む時にはかなり注意していないととんでもないことになってしまいます。

 

もちろん、人とお酒を呑む席でも私はお酒よりも食の方がメインになってしまうので、やっぱりバクバクと食べてしまうのでした。

 

どっちがメイン?

お酒を呑むついでのおつまみでなく、食事にお酒を合わせたような呑み方をする私。

メインは明らかにお酒ではなく食べ物の方です。

 

ただただ何かしらを食べたいためにお酒を呑んでいるような気もするくらいに、お酒を呑むことよりも食事をすることのほうが大きいのでした。

 

お酒を呑むことが嫌いじゃないからこそ、食べることと呑むことのバランスを考えなくてはなりませんね。

楽しくお酒を呑む、ということとは縁遠い所に居る気もするので、もうちょっとお酒を楽しめる大人になりたいと思うのでした。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ