砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

3つのシーンを行き来する忙しい夢。

f:id:amai310mizu:20200705042353p:plain

何だか不思議な夢を見ました。

 

最近嫌な夢ばかりだったので、なにか楽しい夢を見たいなぁと思ってはいたのです。

しかしながら、夢をコントロールするなんて出来ない…。

 

そんな時に、不思議な夢を見ました。

 

 

 

 

文字が読めるぞ

私が見る夢の中でのなんとなくの共通点が、文字が読めないこと。

なんとなく文字に見えることもあるのです。が、読めない。

読めたように思えて、また同じところを何度も最初から読み直すというような、繰り返す苦痛を感じる夢を見たことがあります。

 

その時には、文字を読んで、知識を身につけて試験に挑むというような感じだったのですが、文字が読めないので学べず、結局時間切れで試験も大失敗…というような夢でした。

 

しかし、今回見た夢では文字がくっきりと読めるのです。

読めたからと言って、起きてから何が書いてあったのかを思い出せるかと言ったらそうではないのですが。

 

しかし、とてもくっきり文字が書かれていて、難なく読むことができました。

 

また、何度も夢に出てくる空間があったりもします。

いくつかバリエーションはあるのですが、ここ最近よく見かけるのが町。

多分私が住んでいる町のどこかがモデルになっているのでしょうけれど、田舎町なのにもかかわらず、夢の舞台となるその一角だけが開発されて商業施設が立ち並んでいる様な感じです。

商業施設と言っても、道の駅みたいな。そんな感じ。

 

今回の夢にもその商業施設の一角が出てきまして、さらには道の駅の中にまで入りました。

 

リアルと言えばリアルなのですが、意味不明な夢。

 

何度も出てくる

そんな夢の中で何度も出てきた人が居ました。

身近な人ではなく、芸能人。

私が好きな俳優さんの一人なのですが、その方がとある作品の恰好をして居るのです。

 

夢なので可笑しいところが多々あり、舞台を見に行くということと、夜にカフェに行くということに合わせて、その方を含めた大勢でバス旅行をするという3つのシーンをブチブチと切りながら行き来するような夢でした。

 

でも、舞台を見に行く劇場は道の駅の横にあり、夜に行くカフェもその商業施設群の一つ。バス旅行の行き先は道の駅。

 

というなんとも小規模な地域の夢。

 

夢で何度も見るその商業施設は中身が固定されておらず、外観や周囲の道だけがいつも同じです。

 

道の駅や劇場にカフェと言った中身は夢のたびに変わっています。

 

3つのシーンを飛び飛びで見ている夢なので忙しく、その中でも道の駅へのバス旅行は私にとってはあたり。

好きな俳優さんが現れ、夢の中ではなんだか親しげに話しをしているのです。

何を話していたかは思い出せませんが…。

 

忙しく、カオスな夢でしたが、久しぶりになんだか楽しい夢を見ました。

 

心を軽く

重苦しい夢を見ると目覚めもあまり良くありません。

最近はそんな日が続いていたので、楽しい夢を見れてちょっと嬉しかったです。

 

夢の中に好きな方が出てきてくれるというのも嬉しいポイント。

 

 私の場合、身近に好きな人という人が居ないので、好きな俳優さんとか絶対に現実では出会えないような方が夢に出てきてくれるのが一番嬉しかったりします。

 

夢に何度も出てくる景色が少々気になりますが、ざっと楽しい夢だったのでまぁ良しです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ