砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

『少女』をスルーしてきた私の今更。

f:id:amai310mizu:20201224201730p:plain

漫画とか読みますか?

私はあまり読みません。人生で読んだ事のある漫画はシリーズとして数えると片手で余裕で足りてしまう程度です。

それくらいに縁のない漫画というもの。

 

 

 

 

アレね、アレ。

漫画と言うとどんなものを思い浮かべますか?

単行本?それとも、週刊とかの分厚いやつ??

 

私が人生で読んだ事のある漫画のシリーズは、十二国記デスノート聖☆おにいさん・大奥です。

 

大奥は、よしながふみさんの男女逆転大奥。

歴史好きの自分としては食いつかないはずのないテーマの漫画でした。

自力で途中まで集めたのですが、吉宗が出てきたあたりで買うの止めてしまった。

今も連載しているらしいのですが、追いかけていけていません。

 

聖☆おにいさんも、最初の5巻くらいまでは持ってます。それ以降はこちらも断念。

 

十二国記の漫画は、アニメをそのまま紙面に落とし込んだ感じのやつです。

小説はまだまだ連載中ですが、漫画の方はアニメの作り上、キリの良いところでお話終わってる感じ。

 

デスノートは漫画全巻出ている分は持っています。

が、これを購入したのは私ではなく母。

当時、実写の映画を友達と見に行った私の映画の感想を聞いて、翌日には全巻大人買いしてました、母が。

ということでその流れで私も読んだんです。

 

漫画と言えば、単行本が身近な私。

週刊少年ジャンプ的な、少年漫画に触れたことはありません。

それ以上に私にとって縁遠いのが、少女漫画。

 

今まで私が手に取ってきた事のある漫画の名前を見ても、明らかにそちらの方面の物が無いのが分かると思います。

 

りぼんとかちゃおとか、そういう、名前だけは知っている少女漫画雑誌。

一切手に取ったことが無いです。

 

少女なり?

漫画だけでなく、アニメもあまり縁のない人間ですが、やっぱりそこにも好みが現れていて…。

 

幼い頃からキューティーハニーとかセーラームーンとか一切見ませんでした。

テレビでやっていたのは知っているんですけど、興味なかったなー。

それよりも、夕方にやっていたデジモンとかの方が好きでした。

 

少女漫画とかいわゆるキラキラした女の子の憧れる恋愛的な物を主とした物に一切の興味が無いんです。

 

未だに映画とかでも、恋愛映画を見たいと思うことが無いので、そこら辺に対しての興味の無さは一貫しているっぽい。

 

しかしながら、別にキュンっとする事が嫌いと言うわけではありません。

世間的にどのような区切りがされるか分かりませんが、私にだって私なりのイケメン像はありますし、そんなイケメンに何かしらのことをされれば私だってキュンっとすることもあるかもしれません。

…あるかもしれない、と思うのです…。

 

まぁ、いわゆるロマンチストの人には鳥肌が立って気色悪いと思ってしまうタチですけども…。

 

少女漫画的なことに憧れが無い訳ではない、のです。

 

ついて行けるかしら

最近、YouTubeの広告でよく目に入っていたのが、ちゃおの公式チャンネルで配信されている少女漫画的な恋愛を3次元でやってみよう、というドラマ。

 

中学生の女の子が主人公で、まぁ、学園生活送りながら王子様と恋愛っていう超王道のやつ。

 

ただ、主人公の女の子には台本が無い、というのが大きなウリのようでして…。

 

ちょっと気になったので、1シリーズだけ見てみました。うん。

面白かったです。

なんか、キュンってしたか?と聞かれるとイマイチですけど、微笑ましかった。

 

まぁ、現実にあんな学校はあり得ないし、今時の中学生の常識的な物にオバサン周辺の立ち位置に居る私は割と衝撃でしたが…。

 

でも、なかなか見ていて面白かったのでヒマがあったら動画見ていこうかなーと思っております。

 

恋愛リアリティショー的なものは大嫌いですけど、あのドラマ(?)は微笑ましいので楽しいです。少なくとも不愉快な気持ちにはならない。

トキメキとかキュンってものを求めている観点からすると、私としてはそうでもないですけど、可愛い物を眺める感覚で面白いので良いかなぁ?と。

 

なんか、いわゆる恋愛モノのドラマとか映画とか、根本的に自分が受け付けないタイプの人間である理由が謎なんですけど。

唯一好きだなぁって言えるのは、映画の君に届けでした。あれはほのぼのした。

うん。キュンとかは求めてないんだ、多分。

普通にほのぼのするところにオマケとして恋愛要素があるってだけなら、受け入れられるんだと思う…。

多分。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ