砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

時間管理でモチベ高めな1日を過ごしてます。

f:id:amai310mizu:20210824033158j:plain

「時間を気にして生活する」って聞くとどんなイメージ湧きますか?

もしかしたら、あまり良いイメージを抱かない方もいるかもしれませんが…。

現在私は時間を気にして、楽しい生活をしています。

 

 

気になる時計…

 毎日の生活の中でどれくらい時計を見てますか?

これって意識的な部分が多いと思うので、いちいち回数とか数えてる人の方が少ないように思います。

かく言う私も、時計を見た回数とか数えてるわけじゃ無いんです。

ただ、時計がやけに気になるタイミングってあるなぁって感じたりはしてました。

チラチラと時計に視線を向けてしまうことってありませんか?

私の場合、食事をしている時間がそのタイミングに当てはまります。

別に時間に余裕のない生活をしているわけではないんですけど、なぜか時計を見てしまう。

…私の中で食事の時間ってあんまり貴重な時間に入ってないのかな?って思う瞬間だったりします。

誰かと食事をしている時は時計もあまり気にならないけれど、1人で食事している時に時計を見る回数は異常なほど多い気がしてます。

 

時計を見るってことは要は時間が気になるってことですよね。

無駄にしたくないって意識が働くから、時計を見て「今どれくらい?」ってことを確認しているわけで。

学生の時とか、退屈な授業が一刻も早く終わるようにと時計を眺めていたりもしましたが…。

時間を無駄にしてしまうことが無くなれば、もっと活動的な生活になるだろうし、意識の上でもポジティブな変化があるのでは?と思いまして、時間管理に意識を向けてみることにしました。

 時間管理でやる気がup

 時間管理と聞くと何だかお堅いイメージ。

  • 〇〇時にコレを行う
  • 〇〇時までにアレを終了させる

みたいな…?

 

個人的に時間の管理をしようって思っているだけなので、当然ですがこんなに自分を追い込むつもりはありません。

と言うか、そんなの無理。

私が言う時間管理とは、〇〇時に何をどれくらいしていたか?という時間記録を指します。

自分のことを追い込んでストイックに生活しよう!みたいな、そう言う目標は立てません。

そう言うタイプじゃないし。

そもそも、そう言う生活を求めてなどいません。

 

では具体的に時間管理を始めてみて何か変化はあったのか?と言うと、これが何だか楽しいのです。

しかも楽しいだけでなく、モチベーションを高く維持できる

何か作業に取り組んでいる時間もダラダラと無駄にはならなくなったし、隙間時間を見つけると「この時間に何か作業できるんじゃないか?」って考えるようになりました。

これ、とても理想的だと私は感じています。

 時間管理の強い味方たち

 私の時間管理は手帳とアプリの2つを使って行っています。

これは、私の好きと便利さの両方を見た時にベストかな?と思って選んだツールたち。

やっぱりこの先もなるべく長く継続していくためには、好きとか楽しいとかそういう感情たちがとても大切になってくると思うんです。

手帳

時間管理に使っているのはほぼ日手帳カズンです。

ほぼ日カズンを使い始めて3年目、来年用に4冊目の購入も決めている、私の生活にはなくてはならない手帳です。

ほぼ日手帳ってオリジナルとカズンという2つのサイズがあるのですが、カズンの方にはバーチカルのページがあるんです。

ここで1週間の大まかな予定を立ててます。

これが、私の時間管理の1ステップ目。

毎週日曜日に、次の1週間をどんなふうに過ごしたいか考えるんです。

これ、だいぶふわっとした感じで考えてます。

すでに決定している予定を先に書き込んで、それ以外の自由に使える時間をまず分かりやすくします。

で、「この時間はこんな風に過ごしたいな〜」ってラインで色分けして、パッと見た時にイメージしやすい感じに。

日曜日に行うのはここまで。

細かくページに書き込んだりしていた事もありましたが、最近はラインマーカーで色分けして終わることが多いです。

アプリ

1週間の理想的な過ごし方をふんわり日曜日に決めて、予定を立てるのは無事完了しているわけですよね。

ここから実際にどのように過ごしたか?という記録をしていきたい…!

そのために活用するのがアプリです。

app-liv.jp

何か作業を始める前にスタートして、終わったら終了時間の入力をするだけで○時〜○時まで何をしていたってことが簡単に記録できるんです。

作業開始時にどれくらい行う予定なのか?ってことを選択できるので、まずそこでモチベーションが上がる。

「勉強1時間頑張ろう!」って感じですね。

で、その作業が終わった時に実際にどれくらい行ったのか修正して、時間の記録は終了です。

 

24時間が円グラフで表示されて、項目ごとに色分けができるので、記録を見返す時も分かりやすいです。

そもそも記録がされていない時間はグレーで表示されるのですが、それがカラフルになっているとそれだけでテンションが上がります。

「自分、頑張ったなー」って思えるのが嬉しいポイントですね。

活動的な1日の積み重ねを

時間管理に利用できるアプリって探せばいくつもあると思います。

これは使用してみての好みとかあると思うので、色々と試してみて自分に合うものが見つかれば、時間管理もより一層楽しいものになるのかな?って。

 

アプリで1日の時間の記録をして、それが溜まったら手帳と見比べてどんな感じで実際に過ごしたか?って見返してみるのも楽しいんですよね。

時間に追いかけられている感覚になってしまうと苦しいのかもしれませんが、そこまで厳密に時間を記録しているわけでもないですし、楽しめる範囲で行っているので無理なく続けられているのかな?と思います。

これで活動的に過ごせる時間、1日が増えていけば、もっと自分が理想とするような生活だったり自分自身へと変化していけるんじゃないかな?と期待しています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ