砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

【365日】快適な睡眠時間をゲット!私のモフモフ探し【毛布生活】

f:id:amai310mizu:20210913171311j:plain

寝ることが大好きな私。

そんな私の睡眠に欠かせないのが毛布です。

9月に入り秋めいてきたこともあり、寝具も秋~冬を見据えた物に変えていく時期なのかなぁと思いつつ、私も毛布を買いました。

365日、毛布

幼い頃から何故だか掛け布団が嫌いだった私は、夏でも冬でも1年365日毛布で寝ていました。

夏場は毛布のみ。寒くなったら毛布の上に掛け布団をかけます。

布団の正しい使い方は、毛布を掛け布団の上に乗せるんですよね。

いつだったかテレビで見たことがある気がします。

が、掛け布団が嫌いな私には出来ないソレ。

スヌーピーに出てくるライナスではありませんが、私の睡眠には毛布は欠かせないのです。

 

掛け布団嫌いに関しては、歳をとるにつれて理由がうっすらと分かってきました。

掛け布団そのものと言うよりも、掛け布団カバーが大きなポイントらしく、肌触りが気に入らないために「嫌い!」となっていたみたい。

ホテルや病院で使用されているような硬めの肌触りの掛け布団カバーはまだ許容できます。

家で使っていた柔らかい肌触りのカバーが、何故だかダメでして…。

掛け布団のあの独特のふわっとした感じと相まって、ゾワゾワと気になってしまうのでした。

 

さて、毛布。

365日毛布を使用している、と言うとちょっと引かれたりするのですが、理由は分からないでもないです。

肌寒い時から冬場は、毛布が恋しくなりますよね。

モコモコとした手触りを求めたくなる季節です。

が、夏場。

熱帯夜とかそういう時でも私の上にかかっているのは毛布です。モコモコ。

当然暑いし、汗をかきます。

なんなら夜中に汗だくになって目覚めることもあります。

幼い頃はそれのせいなのか汗疹とか出来てました。そもそも肌が弱かったのかもしれませんが…。

最近は汗疹を作ってしまうことは減りましたが、汗だくになることには変わりありません。

暑いものは暑いのです。

快適な睡眠を

引っ越してからは少しの間、毛布を使用していたのですが…。

私が使用していた毛布は、既に擦り切れて古くなっているとのことで「捨てよう!」と母の中で決定したらしく、時期も夏場だったこともあり、その後はタオルケットを使用することに。

 

でも、今年の夏ってそこまで暑くなかったですよね。熱帯夜というような寝苦しい夜はあまりなかった。

その代わりに、タオルケット1枚では寒いと感じるような夜ばかり。

そもそもタオルケットでもだいぶ不満が溜まっていた私は、早々に「毛布!」となりまして。

母の家に仕舞われていた毛布をコインランドリーで洗い、使っていたんです。

 

が、ここでも不満が…。

毛布の肌触りがどうも気に入らなかったんです。

なんだか硬いなぁって。

ただ、母の家にある他の毛布も似たり寄ったり。しかも、使う為にはまずコインランドリーで洗濯しなくてはならず、お天気の具合もなんだかイマイチな最近…。

 

せっかくなら自分の毛布が欲しいなぁと思うようになりました。

で、色々と探して軽量毛布という物を発見。

ブランケットと言った方がイメージしやすいかもしれませんね。

薄いやつです。ぺらっとした毛布。

1年中毛布で寝ている私としては、温かさよりも夏場いかに不快にならないか?の方が重要でして。

そもそも冬場の本当に寒い時には、毛布の上に重たい掛け布団乗せるので、毛布単体での保温効果はそこまで求めてないんですよね。

 

軽量毛布というアイテムを知ってから、色々なホームページとか見て探し回り、結果イオンのトップバリュシリーズの物を購入しました。

値段がお手頃。触り心地も良し。

通販でも良かったのかもしれませんが、
実際に触れて確認しないと不安だったので、直接店舗に行って確認しました。

もふもふしよう

気に入った毛布を手に入れたので、快適な睡眠時間を手に入れたことになります。

嬉しい限りです。

寝ることが大好きなので、その時間が快適になればなるほど嬉しいのです。

 

幼い頃から何故だか大嫌いな掛け布団と大好きな毛布。

どうやら布の肌触りに妙なこだわりがあるらしく、私自身は無意識なのですが、シビアに選んでいるみたいです。

洋服も、肌に合わない・触れた感じが嫌だ、という感覚があり、洋服選びの際にはかなり重要なポイントになってます。

なんなら洋服のデザインよりも触り心地の方が重要だったりします。

 

もふもふした触り心地が大好きなので、軽量毛布(ブランケット)は私にピッタリ。

夜にルンルンしながらベッドに入っていけるのが素直に嬉しいですね~。

ブログランキング・にほんブログ村へ