砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

視力悪化は何が原因??不便な日常から早く抜け出したい私。

f:id:amai310mizu:20211110172303j:plain


眼科
に行ってきました。

色々と検査をしたのですが、分かったような、分からないような…。

とりあえず、見えにくいです。

ぼやぼやの視界

普段生活していて、「目が悪くなったなぁ~」と感じる時ってどんなときでしょう?

ふとした時に感じるのだと思うのですが、急激に「おかしい!」って思う事ってあまりないですよね。

昨日まで見えていたものが、見えない…。

私に起こったことです。

食卓の、いつもの椅子に座ってテレビを見ていて、見えない。

ぼやぁっと視界がぼやけてしまって、字幕どころか人の顔もぼんやりぐにゃぐにゃ。

「目が悪くなったなぁ」と思っていました。

が、その速度があまりにも急激すぎる。

不便だし、不安だったので、調べてみたんです。

その中で自分に当てはまりそうだなぁと最初に見つけたのが、腎臓に関するもの。

ただ、ネフローゼ症候群が引き金で視力が悪化することって滅多にないそうです。

治療で使用しているステロイドが、長期服用になると、白内障緑内障の可能性がある、という。

眼圧が高まったりすることもあるらしいのですが、他の腎臓の病気に比べたら、あまり可能性は高くないそうです。

ここで、ネフローゼが引き金ではないのだろうなぁ…と察し。

原因的なもの?

腎臓が引き金ではないなら、視力の異変はどこから来ているのでしょう…?

色々と調べてみて、当てはまりそうなものを見つけました。

それが、『中毒性弱視』。

中毒と言うと悪い物を口に入れたりなんだり…と感じるのですけれども。

低栄養状態になると、視力が弱くなるらしいのです。

実は、視力に違和感を感じる前、私はロクに食事を摂っていませんでした。

と言うのも、吐き気がひどくて。

ゼリー飲料で済ませることがほとんどの食事内容で。

完全に低栄養。

吐き気が治まってきて、食事内容が元に戻ってからは、視力も徐々に戻ってきたように感じるんです。

視力の安定はしていないのですが、見え方としては、生活できないレベルにまで落ちてはいません。

違和感が全くない日と、見にくくて目が疲れてしまう日と、その差はありますが…。

ご飯って大事だなぁ…って実感しました。

次回の検査は、

一応眼科受診をしました。

で、お医者さんからも「ネフローゼ治療が視力に影響しているようなことは無いだろう」と言われました。

ただ、視力とは関係のないところで気になる部分があったらしく…。

12月にまた眼科受診となりました。

角膜も網膜も、眼圧も問題なかったらしいんですけどね。

その他の部分で何かしらがあったらしいので、経過観察らしいです。

そうそう、近視が酷いので視神経も年齢の割に色々と問題があるらしいです。

そういう検査も12月にするのかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ