砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

知恵熱(仮)と膝の上の猫と頭痛の私の話。

f:id:amai310mizu:20211010164120j:plain

本日も簡易更新になります。

昨日の知恵熱(仮)は、多分本当に知恵熱だったんだと思うんです。

というのも、今朝には熱が下がっていたので。

しかしながら、頭痛と吐き気が継続していて…。

ということで、本日も体調不良なり。

そんなこんなで、気づけば夕方。

寝てたらこんな時間です。もう1日が終わる。

時計見て、気合いで起き出して、これ書いてます。

そんな私の膝の上には子猫。

子猫がゴロゴロ言いながら、「撫でて〜」とアピール中。

両手を猫とキーボードを行き来させてます。忙しい。

そろそろ子猫は夕飯なので、それもあってアピールしてるんだと思うんです。

1日4回のご飯の3回目待ちということで。

1日の大半寝ていて相手してくれない私に対しての不満もあるんだろうなぁ。

ワクチンを打ってきた昨日ですが、夕方ごろにはいつも通りに戻っていて、夜には猫じゃらし咥えて走り回っていたので、元気が有り余ってるんだと思います。

そんな子猫を横目に、ベッドに沈む飼い主…。

申し訳。

頭痛と吐き気が相変わらずなので、起きているのがどうにも辛くて。

私の体調不良って、頭痛か吐き気なんですよね。

他にバリエーションが無い体。

だから、わかりやすいんですけど、厄介なことに変わりがないので。

そうそう、のんびり横にもなっていられない事情があります。

実は、この記事を書いている翌日、病院に行かなくてはならないのです。

定期通院と眼科の検査。

熱はないので、病院に入れないということはないのだと思うんですけど。

病院って調子悪くなくても、居るだけでなんだかぐったりしてしまうので、できれば万全の状態で行きたい…。

ということで、子猫にお夕飯をあげたら、私はまたベッドに戻ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ