砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

母と私の新たなイベントはたこ焼きパーティーと決定したのです。

f:id:amai310mizu:20220313150437j:plain

先日、人生初のたこ焼き体験をしました。

と言うのも、母が新しくホットプレートを購入したんです。

いくつかの鉄板がついていて、そのなかの1枚にたこ焼き用のものがあり、初めて家で自分でたこ焼きを焼くという体験をしました。

いやー、面白かった。

お祭りの定番

たこ焼き、私にとってはお祭りの定番の味と言う感じです。

父が生きていた時は、お祭りに遊びに行く私たちに必ず「屋台でたこ焼きを買って帰ってくるように」と言っていました。

私も、屋台で売っているあの味が好きで。

ソースのかかりかたがランダムなので、たっぷりソースがかかっているやつが食べられるととても幸せだった。

あと、紅ショウガが沢山だともっと嬉しかった。

そんな思い出です。

食事に制限がついてしまった現在、ソースたっぷりは難しいですけど、冷食で売っているたこ焼きをよく食べます。

チンして食べられるアレ。

基本的にソースなどはかけないで、そのままのやつを。

それだけでも十分に味があるんですよね。普通にしょっぱい。

もちろんオタフクソースがだくだくなのも、好きですけど。

楽しめる範囲で、たこ焼きを楽しんでいました。

newプレート

母が「ホットプレート買っちゃった」とニコニコしていた数日後、無事に荷物が届き、新しいホットプレートが我が家に仲間入りしました。

どうやら新しいものをずっと欲しいと思っていたらしいのです。

で、安くてよさげなものを見つけたため、購入…。

関西方面のおうちには、たこ焼き機が一家に一個必ずあるという話を聞いたりします。

それが、どれくらいに正確性のある話なのかは分かりませんが、我が家は関西圏の家ではないので、たこ焼き機もありません。

屋台で買うか?、冷食のやつを買うか?の2択でした。

ウッキウキの母が、新しいホットプレートで一番最初に「たこ焼きしてみたい」と思ったのは、それもあったのだと思います。

家にたこ焼き機がないということは、作ったことが無いのです、たこ焼き。

母も、私も。

材料を揃えて、いざ!

たこ焼きって、やっぱりいい感じに丸くなってくれないと…っていうのがありますよね。

くるくる上手に回している様を見たことはあっても、実際に自分が行うとなると別物です。

なんとなく要領は分かるんですけど、その通りに行くかっていうと、難しい。

あと、ゆっくりしてるとどんどん焼けていってしまうので。

丸くならないんです、たこ焼きなのに。

本当に時間との勝負だなぁと思いつつも、くるくるやってました。

多分、極めれば家でも美味しいたこ焼きが食べられるんだと思います。

ただ、カロリー諸々お高めになるので、頻繁には出来ないかなぁ。粉の時点でなかなかなので…。

休みの日に前後の食事を調節して行うイベントになりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ