砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

車の運転が大嫌いな私がいよいよ車に乗りまして…

f:id:amai310mizu:20190719083303p:plain

心の不調は相変わらず。

しかし、やらなければいけない事は目の前に山積みとなっています。

 

そんなやらなければいけない事の一つが車の運転

私は車に乗るのが大嫌い。

運転席も嫌いですが、助手席とか、とにかく車に乗るという行為が大嫌いなのです。

 

 

 

 

嫌々

一応、普通自動車免許はAT限定ですが持っています。

18歳の時に取得しました。

しかし、その免許も欲しくて取ったわけではありません。

お金がもったいないから要らない、と親には伝えたのですが、

田舎では車が無ければ生活できない、という返答。

そこでとてもとても嫌々ながら免許を取りました。

 

しかし、嫌々取得した免許なので好んで車に乗る事はせず…。

いわゆるペーパードライバーで過ごしていました。

 

普段は祖母が運転する車の後ろに乗って移動やら買い物やらを。

 

しかし、祖母も高齢です。

次の免許の更新が来たら免許は返納すると言っていて、

そうなった場合、この家の足を担うのは私になるのです。

 

つまり、車の運転が嫌でもしなければいけない状況に…。

 

ずっと逃げてばかりも居られないので、近場の買い物から車の運転をするように、と私なりの小さな努力をスタートさせました。

 

恐々

車の運転が嫌いな私。

その嫌いというのがどこまで嫌いなのか?と言えば、

運転をすると決まっただけで足が震え、手が震え、腹痛に襲われる…と言ったもの。

 

拒否反応を体が示すので、本当に私は車が嫌いなんだと思います。

 

運転するのだって恐くてたまらないし、何が楽しいのか1ミリも分からない。

人の運転する車も恐いと感じるので、本当に車が嫌いなんです。

 

小さい頃はそんな事なかったと思うんですけどね。

大きくなるにつれて車嫌いになっていき、免許を取得してからは特に車に乗るという事に拒絶反応を示すようになりました。

 

金銭的に余裕があれば、自動ブレーキとかが搭載されたちょっと安心できそうな車に乗る事も出来るのかもしれませんが、我が家の車にはそういった物は搭載されておらず。

自分の失敗一つで大惨事になりかねない…。

 

そう考えだすと恐怖がムクムクと育っていきます。

世間の人たちはどうやってこの恐怖を乗り越えて車の運転をしているのでしょう?

私には理解できません。

 

鬱々

嫌だと言っていても、車の運転はしなければいけない事、です。

無くては田舎では生活していけません。

いつまでも祖母に頼っても居られない状態ですし、車の運転に今から徐々に慣れていけるように、近場の買い物くらいから車の運転の練習を始めています。

 

車の運転は慣れだと言われますが、慣れる気がしません…。

恐いし。

何よりも、誰かを傷つけてしまうのではないか?という恐怖が大きい。

 

調子が悪い時に色々な事に取り組むべきではないとも思いますが、今の鬱々とした状態は簡単には抜け出せない気がするので、今から動いておかなければ、と感じるのです。

 

この鬱々とした状態はいつになったら晴れるのか…。

先が見えないままです。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ インドア派女性へ
にほんブログ村

超ウツ状態なのに外で働く事になった顛末

f:id:amai310mizu:20190719082453p:plain

1年(もっとかな?)ほど家でできる仕事をしていた私。

しかし、その仕事も上手くいかず休む事にした7月。

今月中は夏休みで、ゆっくりじっくり体と心を休めようと思っていました。

しかし、

衝動的に動いてしまい、自分でも想像しなかった事態に物事が動いています…。

 

今回はそれに関する話を書いていきます。

とりあえず、超ウツ状態の私です。

 

 

 

 

目指したものは

衝動的に動いてしまった事柄のキッカケは、お祭りでした。

お祭りのために親戚たちが我が家に集まってくれて、賑やかに楽しく過ごした翌日。

私は近所のとあるお店にパートの面接のお願いに行きました。

 

お祭りから仕事へ繋がる理由が分からないと思います。

でも、私の中ではしっかりとした繋がりがあって…。

 

以前もブログに書いたかもしれませんが、私は普通の人間に成りたかったんです。

普通の人間。

今の私は普通にすら成れない、至らない所ばかりの人間です。

親戚というか、いとこたちは皆ちゃんと職について働いています。

子供が居たりして、私の目から見ると普通に社会人として存在しているんです。

兄もそう。

 

しかし、私は仕事もロクにできず、家の中に引きこもってばかり。

普通に見える人たちに1日囲まれて過ごし、私の中には焦りがムクムクと大きくなっていきました。

そして、月曜日。

その感情が爆発しました。

 

タイミングもあまり良いものではありませんでした。

普段なら祖母にでも相談してから行動したりするのでしょうけれど、その日は祖母は家におらず。

私は私の中の衝動に従う形で、近所にあるお店に行き、パートのための面接のお約束を取り付けてきてしまったんです。

 

祖母が家に帰って来た時にはそれらの事は既に終わった事。

次に待つのは面接、と言う状態。

 

面接は

急に決めてしまった外で働くという事。

そして、急ですが面接のお約束を取り付けた翌日の火曜日に面接をしました。

 

月曜の衝動的な行動からとてつもなく落ち込んでいた火曜日。

鬱々として、自分を傷つける行動をいくつもおこない、このまま消えてしまいたいと思っていたところに、「今日面接できますか?」という電話が来たのです。

 

私は面接で全て話すつもりでした。

メンタルが弱く長らく通院している事を。

 

しかし、面接に行って一番最初に言われたのは「100%採用する」と言う事。

仕事の内容がちょっと変わっているので、合うかどうか仕事をしてみないと分からない。

だからこそ、応募した人は皆採用します。とのことでした。

 

私は面接後に合否の結果をもらうのだと思っていたので、その時点でプチパニック。

面接して下さった方からの質問には一応キッチリ答えたつもりでいます。

メンタルが弱く通院している事も伝えました。

しかし、採用しますよ、との事で。

 

私は心のどこかで、というか真ん中の方で、病を持っていることを理由に断られるという未来を願っていました。

今までもそうやってパートとかアルバイトを断られた事があります。

調子がものすごく悪い今、断ってもらった方が良いと思ったのですが…。

 

どのみち辛い

もしもパートの面接がダメになったとしたら、その分楽になるものはあるんだと思います。

でも、私の目指す普通の人間からは遠のきます。

 

今現実問題として目の前にある外で働くという事を選択(せざるおえない)する状態だと、普通の人間に近づけるでしょうけれども、今のこの鬱々とした状態でのスタートになります。

良いはずがない。

 

逃げ道が無くなりました。

祖母には呆れられています。

私の衝動的な行動の理由が分からないのだそう。それもそうだと思います。

祖母には決まった事だけを伝えているので、心の中の事は何一つ話していません。

 

自分自身を傷つけた傷跡も見つかってしまいました。

「何がそんなにイライラするのか?」と聞かれましたが答えませんでした。

何がそんなにイライラするのか…?

その答えは一つです。

ここにも書きませんが、いつも私を追い詰める原因は一つしかありません。

 

鬱々とした状態ですが、仕事はスタートします。外に出て働くのです。

現実は変わりません。

 

また、仕事について書く事もあるかと思いますが、

今は鬱々とした状態なので楽しい言葉も出て来ず、こんな陰鬱なブログとなりました。

お付き合いくださって有難うございます。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ インドア派女性へ
にほんブログ村

高級食パンを頂いたので食べてみた話

f:id:amai310mizu:20190718084352p:plain

頂き物として、乃が美の食パンをいただきました。

そう、色んな事に疎い私でも知っているあの、お高級な食パンです。

 

いただいてから食べてみたのでその感想など書いていこうと思います。

とりあえず、甘いパンでした。

 

 

 

 

再現??

私が乃が美の食パンを知ったのは、とあるブログを拝見したことがきっかけでした。

お料理上手な方のブログで、乃が美の食パンを家で再現して作ってみよう、という記事をいくつか書かれていて、それを拝見したんです。

 

パンが好きな私。

食べるのも、作るのを見るのも大好き。

YouTubeなどでパン作りの様子の動画をひたすら見たりしています。

なので、パン作りの過程を書かれたブログ記事も大好き。

 

そんなパン好きな私は気になっていました。

家で再現したいと思う程に美味しい食パンとは、一体どのようなパンなのだろう?と。

 

乃が美の食パンを頂いたのは本当に偶然です。

私や家族がその話題を出したからではなく、本当に、お土産として持ってきてくれた方のチョイス。

 

「焼かないで食べてね」

というお言葉つきで頂いた食パン。

私はトーストもトーストしてないパンもどちらも好きなので、喜んで頂き、食べたのです。

 

あまーい

2斤のパンを貰ったので、ちょっと贅沢にぶ厚めに切っていただきました。食パン。

耳も柔らかく、白い部分はモッチモチ。

そして、ほんのりと言うには強めに甘い。

 

これが高級食パンかぁ…

と、有難く頂きました。

 

パンのほんのりとした甘さって美味しいですよね。

あのほんのりの甘さがもっと味わえる、美味しい食パン。

柔らかくて、幸せの味がしました。

 

公式サイトを見てみたらしっかりと値段が明記されていて、お高いのは分かりましたが、値段が分かってみると、確かにその値段するだけの事はあるなぁと。

 

生クリームの甘さというのもよく分かりました。

この美味しさは、確かに家で再現できたら嬉しい美味しさですね。

あればあった分だけ食べてしまいそうなほどに美味しいパンでした。

 

フリー

美容的な観点から言うと、グルテンフリーな生活の方が日本人には合っているらしく、今現在私の興味はグルテンフリー。

と言っても完全に遮断するのではなく、融通をきかせたもの。

脱砂糖中毒を目指す生活にプラスしてグルテンフリーの生活を始めるのか、という訳では無いのですが、興味があるのです。

 

そんな視点からすると、ふわふわモチモチの白い乃が美のパンはあんまりよろしくない食べ物。

でも、毎日パンを食べているわけでは無いし、お米中心の生活の中のちょっとしたご褒美なら良い気がするのです。

 

ダイエット中の贅沢方法として、お高い物を買うという方法がありまして。

高い物だと勿体ないなって思って、一気に大量に食べ過ぎるのを防ぐとか、しっかり味わって食べられるとか、そういう意味があるのだそう。

その視点からすると、たまにの贅沢として乃が美の食パンはピッタリな気もしないではない。

まぁ、ダイエットのおやつにパンってどうなのよって思われてしまいそうですが…。

 

とりあえず、人生で一度は食べておいて損は無いのかな、と思いました。

家で再現すると、奮闘されている方の成功を祈りつつ、

今日はブログを締めたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

果物のおかげで幸せな1週間を過ごす事ができました。

f:id:amai310mizu:20190717091910p:plain

果物を食べるようになってから、甘い物への強い執着が無くなった気がします。

 

どうしても甘い物が食べたくて仕方がない、

と言うような時でも、砂糖を使ったお菓子ではなく家にある果物で満足できるんです。

もちろん、食べすぎはあまり良くないのでしょうけれど。

 

そんな1週間を振り返って考えてみようと思います。

 

 

 

 

甘み

 

果物の甘みは良いですね。

砂糖を使ったお菓子を食べない私としてはとても助かっています。

どうして今まで果物を食べないで過ごしてきたのか?

私自身にも分からない事なのですけど、もっと早くに生活の中に取り入れておけばよかったと思う程に果物が美味しいです。

 

基本的に家に常備してあるのはキウイフルーツ

もちろん、値段を見て買うかどうか決めますが、キウイは手軽に食べられて、1つの大きさも程よくて、私のお気に入りです。

シャキっとした歯ごたえが欲しい時は林檎を食べます。

バナナは値段と相談しつつあの食感や甘さが欲しくなった時に買っています。

 

砂糖を使った甘いお菓子は食べないぞ!とピリピリしていた時からちょっと時間が経ち、落ち着いてきたのも感じます。

この心の余裕は果物のおかげですね。

 

幸せ盛り

土日にお祭りがあり、日曜には親戚たちが我が家へ集まりました。

そのために、スーパーでオードブルやらお寿司屋らを注文するのが毎年の事。

 

オードブルはおかず系の物と刺身の物、果物のオードブルを頼んでいました。

注文したときから私が楽しみにしていたのが果物のオードブル。

 

その他の物はなるべく食べないようにして、果物メインにしてお腹を膨らませよう作戦、を一人考えて実行していました。

それのおかげか体重の増加も思ったよりひどくなく、減りも早かったです。

 

色とりどりの果物が山になっている様子は幸せで、

普段食べている果物から、あまり買わない様な物まで色々と楽しんで食べられたので良かったです。

 

年に一回の贅沢と考えて果物は我慢せずに食べたので、お腹だけでなく心も幸せになれました。

 

これからは

果物は時期の物なので旬が移り変わっていきますよね。

これからはスイカかな。

基本的に果物は大好きなので、スイカも大好き。

既に今年初のスイカは食べているのですけど、これから冷蔵庫を開けるとスイカが入っているという幸せな時期になっていくのですね。

幸せだ。

 

季節の果物を楽しみながら、楽しい砂糖なしの生活が送れる事を祈りつつこの先1週間も頑張っていこうと思います。

 

果物のおかげでストレスの無い1週間でした。

本当に良かったー。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村

私の部屋に新たに仲間入りしたチョコレートミント君

f:id:amai310mizu:20190716100727j:image

部屋に緑のアイテムが多い私。

 

www.310mizu.com

 

過去の記事で、緑の物が多いのだから観葉植物も置いてみたい。

と言うような事を書きました。

 

先日、買い物に行った先で見つけてしまったんです。

運命の出会い。

 

今回は、新たに我が部屋の仲間になった観葉植物について書いていきますね。

 

 

 

 

気になる木になる

先日、祖母と一緒に少し遠出をして道の駅に行ってきました。

祖母は、ぬか漬けに使う野菜が欲しいという事で。

私はそれの付き添いでした。

 

道の駅と言っても規模は小さく、地域の農家さん達が作った野菜が出ていたり、お惣菜が並んでいたり、お花があったり、という感じ。

祖母が熱心に野菜を見ている間、暇だったので花が置いてあるコーナーを眺めていた私。

道の駅の隅、端の端っこに観葉植物とか緑の物が置いてある事に気づきました。

 

一番最初に目に入ったのは、コーヒーの木。

小さくて、葉っぱがツルツルしている感じでぱっと見造花のようでした。

「この大きさで270円かぁ…」

と心の中で呟いて、足元を見てみると

チョコレートミント』という文字が。

値段は100円。

コーヒーの木よりもはるかにしっかりとしている苗で、100円。

 

一瞬、厄介払いでもされているのかと思うくらいに見た目と値段が私の中で一致せず。

 

気になって鼻を近づけてみると、チョコミントの匂いがするんです。

私はチョコミントが大好き。

アイスでも、お菓子でも、惹かれてしまうフレーバー。

今は食べられませんけど、だからこそ、この子を家に迎えよう!100円だし。という事で購入決定。

 

お世話します

苗は5つくらい並んでいたように思います。

その中から祖母と一緒に一番元気の良さそうな子を選びまして、購入。

 

帰宅してすぐに鉢を探して、土を準備して、苗をポットから鉢に移動させました。

幸いな事に、使っていない鉢も、園芸用の土も、家にあったので困る事はありませんでした。

 

私の部屋の窓際に置いてあげると、その日は運良く太陽が顔を出してくれていまして、

チョコレートミントは窓の方、日光が良く当たる方へと少し伸びていました。

植物も動くんですよね。

そういう姿を見ると、生きているなぁって感じます。

 

さて、植物を育てるのが比較的苦手な私。

チョコレートミントの育て方を調べてみると、ミントはハーブを育てる初心者には向いているらしいという事が分かりました。

 

ミントってとても生命力の強い植物らしく、水のあげすぎに注意すれば、後は放っておいてもどうにかなるのだそう。

庭とかに植えてしまうと、雑草のようにどんどんと増えていってしまうので注意、とも書かれていました。

 

鉢植えなのでどんどんと増えていってしまう事への不安はあまりありません。

放っておいても大丈夫、と言われているミントを枯らしてしまわないか、が不安です。

土の表面が乾いたらお水をあげれば良いとの事なので、それだけはしっかりと守ります。

 

グレーの手

緑の手ってご存知ですか?

植物を育てるのが上手い人の事なのですけど。

反対に、植物を育てるのが苦手な人はグレーの手、らしい。

何処かで聞いた気もするし、私が勝手に作ってしまった言葉なのかもしれませんが…。

 

人は目に見えないエネルギーを発して生きているそう。

その活力あるエネルギーを発して、植物がそのエネルギーを受ける事で元気に育つ。

逆に、エネルギーを吸い取ってしまう人間も居て、そうなると植物の活力エネルギーを吸い取ってしまって植物は枯れてしまう。

 

これ、なんの話だ?と思われそうですが、事実。

 

母と一緒に住んでいた時、母は仕事等多忙でとても疲れ果てている状態でした。

そんな時に観葉植物を育てていたのですが、片っ端からどんどんと枯れていきました。

もちろん、ちゃんとお世話する方法を調べて、その通りにお世話していたのですが…。

 

母は(もしかすると私も)生活していく心の余裕が無く、植物のエネルギーを吸い取ってしまっていたんだと思います。

 

そんな過去の経験があるので、正直私は植物を育てるのが得意な方ではないのだろう、と思っています。

そもそもマイナス思考のネガティブ人間。

 

私の部屋で暮らす事になったチョコレートミント君。

枯れてしまわないように、枯らしてしまわないように、私自身がちょっとでもポジティブになれるように、心の向きを気をつけて生活したいと思います。

 

新たな仲間となったチョコレートミント君。

上手く共同生活していけると良いなぁ。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ インドア派女性へ
にほんブログ村

ダイエットに役立つ!自分の体のタイプを知ってる?

f:id:amai310mizu:20190715110944p:plain

筋トレをスタートさせてから、ダイエットに対しての意識がとても高くなっている私。

間食や食事の食べ過ぎはあるのですが、筋トレが楽しく、踏み台昇降のやる気も徐々に上がってきています。

 

心も上向きで、ダイエットに関する情報収集もとても楽しい。

 

先日、色々とネットで調べものをしていたら見つけたんです。

ダイエットに役立つ体のタイプの診断方法と、タイプ別の筋トレ方法。

役に立つのではないか?と思ったので、ブログにまとめてみますね。

 

 

 

 

手首に注目

インスタグラムで見つけたのですが、自分の手首で自分自身の体のタイプが分かるそうです。

診断方法としては、左右どちらでも構わないので手首を反対の手で掴んでみて下さい。

 

私は右利きなので、左手首を掴んでみました。

ぱっと手首を掴んだ時に、親指と薬指はくっつきますか?

 

タイプ1:親指と薬指の爪が重なる程に指がくっつく

タイプ2:親指と薬指の指先がちょうどくっつく

タイプ3:親指と薬指が離れる

 

この3つのタイプに分かれます。

皆さんどこに当てはまりました?

私はタイプ1でした。

 

このほんのちょっとの違いが、大きな体のタイプの違いに繋がるようです。

 

体のタイプ

タイプ1:外胚葉タイプ

このタイプの人は、体に体脂肪がつきにくいタイプの人。

体脂肪だけでなく、筋肉もつきにくいです。

体形は細身で華奢。

 

外胚葉タイプの人は、新陳代謝が高くカロリーの消費が高いタイプの人。

そこで、筋肉をつけたいなら大きく沢山の筋肉を使う種目を短時間で集中的におこなうのが効果的。

有酸素運動は多くて週2回まで。

植物性たんぱく質を多めに摂ると良い。

 

長時間のトレーニングは避けたい。

と言うのも、脂肪の分解だけでなく筋肉の分解もされやすい体質のため。

筋肉をつけたいなら、短時間のトレーニングを。

ストレスも避けましょう。

ストレスはコルチゾールという筋肉の分解を促す成分を分泌するので、筋肉がつきにくい外胚葉タイプの人は要注意。

ストレス対策として、睡眠は質と時間を重視しましょう。

 

食事は、たんぱく質と炭水化物を積極的に摂りましょう。

 

タイプ2:中胚葉タイプ

いわゆるアスリート体型の人。

脂肪が体についても落ちやすく、筋肉がつきやすい体質。

 

全身をまんべんなくトレーニングすると良い。

筋トレ週2回、有酸素運動週3回などと、運動の強弱を組み合わせてトレーニングしていくと良い。

 

体重を増やすのも、落とすのも、比較的簡単なタイプ。

外胚葉タイプの人よりは脂肪がつきやすいので、食事には気を付けた方が良い。

明確な目標を持って筋トレなどおこなっていけば、結果が早く訪れるでしょう。

 

タイプ3:内胚葉タイプ

筋肉も脂肪もつきやすいいわゆるぽっちゃり体型の人。

体重を落とすのが大変なタイプ。

 

軽めの強度で大きい筋肉も小さい筋肉も鍛えると良い。

サーキットトレーニングと相性が良い。

有酸素運動を毎日おこなうのが理想。

 

基礎代謝が低いので、筋肉量を増やして基礎代謝を高めましょう。

有酸素運動を積極的におこなう事で、体脂肪の燃焼を目指します。

しかし、長時間の有酸素運動は筋肉も分解してしまうので1回30分くらいを目安に。

 

食事は、脂肪がつきやすい体質のためカロリーコントロールに気をつけましょう。

摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように注意。

 

組み合わせを把握

3つのタイプを紹介してきましたが、人の体ですから明確にパキっと分かれるわけではありません。

基本的には2つのタイプをまたぐ事がほとんどのようです。

 

・外胚葉タイプと中胚葉タイプ

・中胚葉タイプと内胚葉タイプ

 

この2つのタイプの組み合わせであることが多いよう。

 

自分の体のタイプをしっかりと把握しておく事はダイエットにおいては大切な事だと思います。

自分の体のリズムを観察し始めてから、この事をとても強く感じるようになりました。

 

筋トレを始めて、体重減少・維持を目標をしている私にとってはとても大きな発見だったのでブログにまとめてみました。

8割自分のための記事になりましたが、誰かのお役に立てば幸いです。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村

地元のお祭りで親戚が集まる賑やかな土日でした。

f:id:amai310mizu:20190714205413p:plain

土日は地元のお祭りがありまして、そのために兄も東京から実家に帰ってきまして、

さらにはいとこ達も集まって、とっても賑やかに過ごしました。

 

楽しかった土日、ちょっとずつ振り返ってみようと思います。

 

 

 

 

土曜・七輪パーティー

土曜、お昼過ぎくらいに兄が帰って来まして「買い出し行くぞ」と。

兄はこの土日のために通販で七輪を買っていて、それらの荷物は我が家に既に届いていたので、炭とか七輪で焼く食材の買い出しに行きました。

 

比較的近くにある大きなスーパーに行きまして、魚介類とか肉類を買い、ビールも買い込みまして帰宅。

そこからすぐに兄は火おこしとか七輪の支度を始めて、私は兄に頼まれた魚の処理をしました。

 

買って来た物は、

・さんま

・いわし

・大きな貝(名前を忘れてしまった…)

・チューリップ(鶏肉です)

・鳥の軟骨(ヤゲンという名前でした)

・ラム肉

・ソーセージ

・しいたけ

・なす

これらの食材を七輪で焼きました。

 

魚の下処理と言っても、塩を少量かけて少しおいて置き、水が出てきたらその水をキッチンペーパーで取る、と言うような感じで、捌いたりはしません。

そもそも私は魚を捌けないので、兄も分かっていて簡単な仕事をくれたんだと思います。

 

さて、七輪の火おこしやらの準備に食材を焼いたりやら兄が忙しく動き回ってくれて、

私と祖母は家の中で椅子に座って食材が焼けるのをお喋りしながら待つ係。

兄と祖母と3人で喋りながらビールを呑みのみ…。

焼きたての食材をつまんで食べるのでとても美味しく、祖母も感激していました。

 

ラム肉は人生で初めて食べたのですが、食べた事の無い味で、ジューシーでとっても美味しかったです。

脂が多めのお肉みたいでしたが、七輪で焼いたので程よく脂も落ちてくれて、それが良かったなぁ。

さんまもいわしも身がふっくらと焼けて、七輪って凄いなって思いました。

ソーセージも皮がパリッパリで。

 

野菜も魚も肉も、みんな美味しくてついつい食べ過ぎましたが…。

七輪を買ってくれて、焼いてくれた兄には感謝です。

 

日曜・親戚パーティー

お祭りの本番の日曜。

親戚が集まってくれてとても賑やかに過ごしました。

 

5歳と3歳の兄弟と、3歳と1歳の兄妹がそれぞれ家に来てくれて、それはもう超賑やか。

ちびっ子の元気パワーを見せてもらった感じでした。

 

育っている環境が違うので、食に対してとか遊びに対しての感覚も違うのですけど、うまい事馴染んでみんなで仲良く遊んでくれていたのでとても微笑ましかったです。

 

日曜は祭りも本番。

山車が町内を練り歩き、奴道中の男の人たちも気合が入り、

毎年見ている光景ではありますが、熱が入るのが分かります。

 

幼い頃から祭りは参加するのではなく見るのが好きだったので、どちらかと言えば消極的な楽しみ方なのだと思いますが、それでもお祭りの日が近づいて来ると言うのは楽しみなんです。

 

土日は本当にあっと言う間。

 

兄は日曜も七輪当番で、

知り合いの方から譲っていただいたイノシシの肉を焼いたり(とても美味でした)、うなぎを焼いたり、ビールを呑みながら七輪を親戚たちと囲んでいました。

私は室内で親戚の女性陣とお喋り。

 

土曜もそうでしたが、ビールを呑みながらつまんでいるので知らない内に沢山食べてしまっていて…。

お腹がいっぱいになりましたが、心も一杯になる事ができました。

 

たまには良いね

普段は祖父母に私の3人で比較的静かな家。

兄が帰って来てくれて、親戚も集まってくれる年に一度の行事はとても大切なものです。

まぁ、毎日ちびっ子パワーと向き合っていたら疲れてしまうのでしょうけれど。

 

楽しくて、あっと言う間の土日でした。

 

今このブログを書いているのは日曜の21時です。

山車が最後の練り歩きをしているお囃子が聞こえてきます。

なんだか土日があっと言う間すぎて、あと1日お祭りが続いて、賑やかな時間がもう少し続いてくれればいいなぁと思ってしまいます。

 

祭りに参加していた人たちは、明日ゆっくり休むんだと思いますが…。

 

今年のお祭りも無事に楽しく終える事ができてなにより。

来年が楽しみです。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村