砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

猫からのプレゼントに大爆笑

f:id:amai310mizu:20190604152924p:plain

猫を飼っていると、よくあるのがプレゼント

お土産なんて言われ方をしたりもするそうですが、

つまりは、狩りの戦利品を持って帰ってくる事。

 

猫なりに色々と考えて持って帰って来ているようですが…。

 

先日とんでもなく驚いた事があったので、書いていきますね。

 

 

 

 

猫の心

そもそもどうして、猫は狩りをして得た獲物を持って帰ってくるのでしょう?

 

・飼い主への感謝の念

・飼い主へのご飯

 

という2説が大きいのかな、と調べてみて私は感じました。

 

感謝の念と言うのはそのまま。

普段からお世話になっているから、そのお礼。

なんとも日本人らしい考え方のようにも感じますけど、

飼い主としては実際に猫がそう思ってくれているなら素直に嬉しい。

 

ご飯と言うのは、「食べて」という直接な考えではなく、

飼い主は狩りができない獣だと猫に認識されていて、

「あんたの代わりに捕ってきたよ」という事を指します。

ま、こちらも猫が飼い主を嫌っているような感じではなく、

私が世話をしてあげなきゃ

みたいな、猫の考えが透けて見えて面白いと言えば面白い。

 

お食べ

猫を3匹も飼っている我が家。

狩りももちろんします。

家の中と外を自由に行き来しているので、小鳥とか蛇とか捕まえてきます。

 

狩りをして、口に獲物を咥えたまま帰ってくる事があり、

そういった時には家の中には入れないでおこう、という方針の我が家。

 

鳥なんて咥えて持ってこられると、その後の掃除が本当に大変なんです。

羽根が家じゅうに散らばって…

 

という事で、獲物への執着が無くなるまで待ってから家に迎え入れるのが

家流。

 

しかし、こちらの不注意でナニモノかを咥えたまま家に入っている事もあり、

先日はネズミを捕ってきたらしく、家の中に息絶えたネズミが…。

 

ネズミを見るのは初めてではないので、そんなに驚かないんですけど、

いつも、咥えてきたモノは床にコロンと放り出されています。

どんなものでも。

咥えてきて、あとは満足して放置。

それがいつもの流れ。

 

しかし、今回は違いました。

ダイニングテーブルの上に、

まるで、「さあ、お食べ」と言わんばかりの場所に

ネズミが…。

 

気付いて思わず笑ってしまいました。

朝いちばんにソレに気付いた私。

わざと少し放置して、祖母にもその現場を見てもらいました。

 

結果、二人で大爆笑。

 

3匹居るうちのどの子が捕って来たのか、なんとなく検討がついていたので

ネズミを片付けた後、グリグリと撫でておきました。

 

ねっこねこ

これから暑くなっていくと、外の小動物や虫の活動が活発になります。

そうなると、猫の狩りも本格化していくので

お土産問題はわりと大きな問題になってきます。

 

なるべく外から帰ってきた子の様子をしっかりと見て、

なにかを咥えていないかもチェックして、家に迎え入れてあげないと、

掃除など大変な事になるので…

 

しかし、

ネズミをわざわざダイニングテーブルまで咥えて上って

ココだというところに置いた猫の本当の心を知りたいものです。

 

私は勝手に、「お食べ」と変換しましたけど、

実は全然違う事を考えてあんな行動をしたのかもしれませんし。

 

長い事猫と一緒に過ごしていますけど、

こんな事は本当に初めてだったので、びっくりしました。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村