砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

おっとん(仮称)の気になるキニナル

f:id:amai310mizu:20191103083846p:plain

私の不注意から、私の部屋に知らない生き物がいるという事に気付いたおっとん(仮称・猫)。

知らない生き物が気になって仕方がないようです。

 

 

 

 

うなーーん

私の生活はほぼ時計通りにおこなわれます。

朝起きてから活動を始める時間、食事の時間、就寝の時間、毎日ほぼ同じです。

猫たちにご飯をあげるのは私の仕事なので、猫たちも私の活動時間や食事の時間を把握していて、その時間になる頃には私の部屋の前でスタンバイしていたりします。

 

朝食が終わったら、チンチラの世話の時間。

ごみを片付けたり、部屋んぽしたり、ご飯をあげたり。

 

チンチラの部屋んぽ中は私も部屋の中でスマホを触ったり、チンチラの様子を見たりして過ごしているのですが、「うなーーん」と大きな声が廊下からするのです。

おっとんが「ドアを開けて」と私の部屋の前に座り込み催促するのでした。

 

しかし、部屋んぽ中におっとんを部屋の中へ入れてしまうと、猫とネズミの大惨事になりかねないので、おっとんの催促は無視するしかないのです。

部屋んぽ中以外でも、基本的に猫は立ち入り禁止にしている私の部屋。

おっとん以外の猫も立ち入り禁止です。

 

開けられない

おっとんを含め3匹の猫がいる我が家。

おっとん以外の2匹は、引き戸である私の部屋のドアを開ける事ができてしまいます。

私の出入りしている様子などを見て学習したのか、力業でどうにかしてるのか、そこら辺は分かりませんが、器用にドアを開けて部屋に入ってくる事があります。

 

しかし、おっとんは名前の通りおっとんなのでドアを開けるという思考が無いらしく、とにかく私か他の誰かがドアを開けてくれる事を待っています。

そのおかげで、おっとんが部屋の外でスタンバイしていても、大きな声で鳴いていても、ドアをガリガリやっても、部屋の中に入ってくるという心配をせずにチンチラを部屋んぽさせる事ができるのです。

 

おっとんは我が家に居る唯一のオス猫で、他の2匹とは性別が違います。おっとんのおっとんたる由縁はそこにあるのではないか?と祖母と話したりするのですけれども…

とにかく、私が部屋に招き入れてくれる事を待ち続けるおっとん。

私の部屋の中に居る得体の知れないモノに対して興味は尽きないようです。

 

唸って喧嘩

おっとんを実験的に部屋の中へ入れてみた事もあるのですが、ケージの中に居るチンチラに対して怒っているのです。

ウーウーと低く唸り声をあげて、今にもシャーっと威嚇しそうな勢いでケージの中のチンチラを睨んでいます。

 

猫って狩りをする時にはそんな態度はとらないですよね。もっと静かに獲物を観察しているはずです。

が、おっとんの様子を見ているとそう言う感じでもなく…。

 

平和的に観察しているのならまだしも、唸って喧嘩腰になられてしまうと私ではどうにもできないので、おっとんは私の部屋に出入り禁止となったのです。

 

チンチラと猫との仲良し計画は難しいですね。

おっとんは仲良くしようという態度ではないし、チンチラの方もおっかなびっくりなので…。

とりあえず、私の不注意でチンチラが危ない目にあわないようにだけ気を付けていきたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村