砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

お仕事を辞めました

f:id:amai310mizu:20190916095405p:plain

さて、週に一回の身体を考える記事を書く日です。

 

この記事が出る時にはちょっとしたタイムラグがあるのですが、記事を書いている今現在から考えて昨日、仕事を辞めました。

仕事に就きました、とご報告したのは7月の中頃だったと思います。

そこから今。

 

随分早いな、というのが私の感想。

辞めてスッキリしているのかと聞かれれば、その答えはNOです。

しかし、この選択肢しか無かった様にも思うのです。

 

 

 

 

お休みの間

仕事を辞めると上司に連絡をする前の1週間。

私は仕事を休んでいました。

ちょうど一週間前の身体を考えるの記事を書いていた時期です。

 

精神的な不調から、肉体的にも不調が現れて、どうしようもなくなってしまいました。

そこで、とりあえず一週間お休みを頂いたんです。

 

その間に通院もしました。

医者に言われたのは、入院の話。

祖母だけでは私を24時間目を離さず監視している事ができない、という点から、入院という選択肢もありますよ、と伝えられたのです。

入院の話が出るのは初めてではありませんでしたが、今回の方が話は重みがありました。

 

何故祖母が私を監視する必要がったのかと言うと、私が自傷行為を繰り返したから。

何をしたのか、具体的には書きませんが、何度も何度も同じことを繰り返しました。

それはいずれは命にも関わる事になるので、入院という話が出たんです。

 

転がる

一週間のお休みが終わりになる前日。

相変わらず私は不調で、自傷行為を繰り返し…。

 

祖母とただ淡々と話をしました。

そんなにも消えてしまいたくなるのなら、仕事を辞めたらどうか?と祖母に提案されたり、今月いっぱいお休みを伸ばしてもらったらどうか?と提案されたり。

 

淡々と話をした、と言っても私の頭の中は消えたいという想い一色で。

何かを考えられる状態ではありませんでした。

しかし、祖母からのいくつもの問いかけに対してゆっくりと頭が動き始め、仕事を辞める、という答えにたどり着きました。

そのまま上司に電話をし、急な事で申し訳ない、と謝り、お仕事を辞めさせていただく事に。

 

楽しい仕事でした。

とても。

怪我もしましたが、そんな事はどうでも良くなる位に楽しい仕事でした。

でも、ダメだったんです。

毒にあてられ、同じ職場で働いていた人たちも同じ様に毒を浴びていたのに、

私だけ心がボキっと折れてしまったんです。

 

同僚も上司も毒についてはよく理解していました。

なので、私がここまで病んだ理由もよく分かってくれました。

上司からは逆に申し訳ないという言葉を告げられ、連絡先を教えて頂いた同僚にも謝罪の連絡をしましたが、皆さん受け入れてくださいました。

 

楽しい仕事だったんです。

ようやく長続きさせる事ができるお仕事を見つけた、と思いました。

しかし、ダメだったんです。

 

普通になりたい

ようやく普通の人間に近づけた、と思ったのですが、ダメでした。

また、部屋に一人、です。

 

普通になりたいと今でも思います。

お仕事に就いているという事実だけで、私は胸を張れるのです。

ちょっとだけ普通の人間に近づけた、と感じられていた時間はとても短かったです。

 

今、まだ落ち込んだ状態です。

この先どうするか、何も決めていません。

 

ただ、不調の中で思うのは

やっぱり、普通になりたいという事だけです。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ インドア派女性へ
にほんブログ村