砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

体重だけを見るダイエットで失敗した経験を語ります

f:id:amai310mizu:20190218040942p:plain

昨年一年間は私にとってダイエットの年でした。

その一年を振り返って、私のダイエットの失敗点を見ていきたいと思います。

 

同じような失敗をされる方が一人でも減りますように。

 

 

 

 

 太った自覚

ダイエットを始めたのは、2017年12月12日が一番古い体重記録なのでその日からダイエットをスタートさせようと意識が向いていたんだと思います。

ちなみにその日の体重は59.6kgでした。

 

太った自覚はありませんでした。これは本当に正直な話。

自分の体を見ても太ったとは思っていなかったです。

と言うのも、私は身長が165cmくらいはありまして(最近は身長を測っていないので正確な数字は分かりませんが)

そこから計算される健康体重と言うのは59.9kgなんです。

59.6kgというのは大して問題の無い数字。

 

しかし、何故私がダイエットをスタートさせたのか。

60kgというのは私の中では大きな壁でした。超えてはならない壁。

それまでは毎日体重計に乗るなんて事をしておらず、普通に食事をし、普通に間食をし、と言うような生活をしていました。

様々なストレスから間食の量は多かったかもしれませんが、多少それを気にする程度でダイエットなど考えもしなかった。

 

それがある日、気まぐれに乗った体重計に出た数字を見て青ざめたんです。

自分の中の壁である60kgにいきそう!と。

だから体重を落とそう。

これがダイエットのスタートでした。

 

確かな数字?

ダイエットをするにあたって、私が頼りにしたのは体重計です。

我が家の体重計の機能は体重を測るだけ。体組成計のような機能は持っていません。

シンプルに体重だけを表示するその機械だけを頼りにしました。

 

ダイエットを始めて1か月。

2018年1月12日の体重は56.8kgでした。

2月12日には54.8kg

3月12日には52kg

4月12日は停滞して52.2kg

5月12日には51.4kg

6月12日には50.6kg

7月12日には48.8kg

8月12日には48.25kg

9月12日には46.25kg

10月12日には45.95kg

11月12日には45.7kg

12月12日は同じく45.7kg

 

これが昨年の体重の推移です。

今日までで一番体重が落ちたのは2019年1月30日で43.95kgというデータ。

 

今は47kg~48kgあたりでフラフラとしている感じです。

この数字でも痩せすぎなんですけどね…。

 

体重計の数字だけを頼りにダイエットをしていた私。

ダイエットの内容としては、

15時以降は何も食べない(朝と昼の食事と少しの間食のみ)

踏み台昇降による運動(多い日は5時間)

というもの。

食事を2食にして、後は運動のみ。

シンプルと言えばシンプルですが、体の事を考えない間違ったダイエットだったと思っています。

 

終わりが見えない

体重が60kgに到達しそうであるという不安から始めたダイエット。

目標は48kgになる事でした。

 

なぜその数字にしたかと言えば、それが自分のベスト体重だと思っていたから。

女性が気にするシンデレラ体重というものもありますが、計算すると私の場合49kgがシンデレラ体重。

それよりも低い数字を目標にしていました。

 

体重で見ると、昨年の9月には目標よりも体重は低くなっているんですよね。

でもダイエットは止められなかった。

食事は今だって1日2食。15時以降に固形物を口にする事はありません。

運動の時間もぐんと減りはしましたが、踏み台昇降をしない日はありません。

 

今現在の体重も正直言うと不満なんです。

「じゃあ、どこまで痩せればいいの?」と聞かれても答えは出ません。

しかし、不満なのです。

 

ここまで読んでくださった方は薄々感じていらっしゃるかもしれませんが、精神的に可笑しなところまで来てしまったんです。

一時は拒食症になるのではないか、と思うくらいに食べ物が嫌いだったし、触れるのも嫌だった。食べるという事がとても苦痛に感じていた時もあります。

拒食症や過食症には分類されなくても、摂食障害でした。

今はその時よりも食べるようにはなりましたが、15時以降は食べないというルールはキッチリと守っています。このルールは怖くて破れません。

体形だって、綺麗なものではないと思います。

家族にも痩せすぎであると注意を受けますが、私の目にはあまりそうは映らないんです。

 

大切なのは体重計に映る数字だけでした。

 

自分の目を信じる

今月に入ってからダイエットに関する意識を変えていかなくてはならないと自分で思うようになりました。

それは、体重が43kg台になっても満足しなかったからです。

 

ダイエットをどこまで続けて、どこで終わって良いのか、見失っていた私。

きっと体重がどこまで減っても満足は出来ないんだろうな、と悟りました。

 

そこで、踏み台昇降をする時間を減らしました。

食事に関しては相変わらずではありますが…。

 

それでも、脚が太い、二の腕が太い、お尻が大きい、と気になる部分はあります。

そう言ったところはマッサージで形を変えていこう、と考えています。

 

多分、今私がすべきなのは体重をもっと増やす事なのかもしれません。

しかし、今の体重でも満足できなくて不快感がある状態なのでそれについてはあまり意識せずに居たいと思っています。

増えたら嫌だし、減ったら嬉しいけれど、気にしないように。

体重計に乗ると言うのも止められないのですが、数字が全てではないと考えて、体重計の上で悩む時間よりも、鏡の前で自分の体をチェックする時間を多くとろうと気を付けています。

 

まだ意識改革したばかりで、心も体もついて行かない部分はありますが

自分を可愛がるというモットーを忘れず、今より少しでもマシな状態になれたらと考えています。

 

ダイエットに関して、数字だけに捕らわれて私のような失敗をする方が一人でも減りますように。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村