砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

焼肉食べた話をしつつ体重低下に悩む私の雑記。

f:id:amai310mizu:20211010164120j:plain

本日、簡易更新になります。

体調崩したとか、そういうことではないので、ご安心ください。

気づいたら、寝る時間の30分前だったのです…。

時間が、溶けた…。

日曜の焼肉

新しいホットプレートを購入してから、色々とホットプレートでのご飯を楽しんでいます。

たこ焼き作ってみたり、ホットケーキ焼いたり、焼肉したり。

日曜の夕飯は、大河ドラマを見ながら焼肉がここ何週間か続いています。

焼肉、母と私の2人ではそこまでの量は食べません。

お肉も少量の焼肉用パックみたいなもので十分です。

ということで、たまの贅沢って感じで焼肉してるんですけど、まぁ、お肉なのでタンパク質の豊富なのです。

食べなさ過ぎるのも良くないけど、そんなに量は食べられません。

きちんとグラム数を計量して、自分の分を取り分けた上で焼いて食べてます。

最近は、タンパク質ブームとやらで、高タンパク低カロリーな商品が多々ありますけど、私からすると全く嬉しくないのです。

この前なんて、高タンパクなカップヌードルが売られてて笑ってしまった。

カロリーをちょっと超過する分にはまだ仕方ないかなとも思えますけど、タンパク質と塩分には厳しくいたいです。

なんせ、尿蛋白の数値もグレーゾーンになってきてしまっていますからね。

人によっては、食事制限は意味がないという人も居るみたいですけど。

ま、主治医の先生に言われたことですから、素直に守りましょう。

体重低下

あ、先日体重計に乗ってびっくりしました。

体重がガクッと下がっていたのです。

まぁ、今までもゆるゆると低下していたのですけど、急激にガクッと。

思い当たる節がないので、首を傾げました。

たまたまその日の朝だけそのような数字になったのかと思っていましたが、何日か経っても数字が変わらないので、気のせいとかではないようです。

困ったなー。

激しい運動とか一切してない生活なのです。

カロリーも上限があるので、摂りすぎることはないんですけど。

痩せる要因がないのにガクッと落ちるのは、どういう仕組みなんでしょうか?

体重が増えてくるよりかは、いいのかも知れませんけど…。

体重増加は浮腫みの疑うので、怖いのです。

ここまで体重が増えないなぁって悩むのは人生初。

制限がある時点で、増加させていくのは難しいのかも知れませんけど。

どこまで体重が減っていくのか、が気になるところです。

そろそろ体重の低下も止まっていい頃じゃないかと思っているんですけど…。

BMI的にはとっくに痩せているゾーン。

骨と皮と内臓と、絶対に落ちない重さってありますけど、そんなになる訳もないので、やっぱりここら辺で止まるんじゃないだろうか…。

中学生の頃の体重にも近いような気がします…。

ま、その頃からほとんど身長も伸びていないので、戻ったと言えばそれまでなのかも知れませんけど。

でも、ガリガリなんですよねぇ。

これ以上体重が落ちると病的に痩せていることになってしまいそうで、何だか不安です。

とっくの昔に女性らしさが失せた体型なので、鏡を見てガッカリするのもだんだん感情が薄くなってきました。

あんまり嬉しくないけど、慣れたんだと思います。

ま、今は病気が再発しないことの方が大事ですからね。

変なこと考えてストレス抱えないようにしよう、そうしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ