砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

金銭管理をしたいのですが…。

f:id:amai310mizu:20200924005019p:plain

なんだかんだと9月はとても散財しまして…。お財布はいつも以上にぺったんこ。カードの明細も恐ろしい限りです。

 

昔はお小遣い帳とかつけていたんですけど、今は何もしていません。

そんなわけでお金を使い過ぎ、使った後に冷や汗。

 

貯金をするという習慣を身に着けるためにも、お金の管理をちゃんとしよう!と思い至ったのは良いものの、どうすればよいのか…。

悩んでおります。

 

 

 

 

見えないお金

小学生の頃、100円ショップでお小遣い帳を買ってもらい、それを頑張ってつけていました。

と言っても、小学生の私が毎日何かしらのお金を使う予定など無く…。

 

お菓子とか買うとマメにお小遣い帳に書いたりしていたんですけど、なぜだかお財布の中身とノートの数字が定期的に合わなくなる。

大きな金額を使っているわけでもないのに、頻繁にお金の出入りがあるわけでもないのに。

 

きっちりと管理できていれば、それはそれで楽しいのでしょうけれど、お金を毎日のように使わないことと、管理の難しさからすぐにお小遣い帳をつけるという習慣は飽きてしまいました。

 

可愛いお小遣い帳を見かけると一応買ってみたりしていたんですけど、全部途中で放棄。1冊使い終わることなんてありませんでした。

 

高校生の頃に銀行に口座を作り、貯金というようなことを始めましたが、手元にないお金の存在がより一層お金の管理を難しく感じさせています。

通帳があるんだから、お金の出入りは一目でわかる。

けれども、クレカで買い物とかしてしまったり、携帯の使用料金だったり、使った自覚の薄いお金という存在が貯金というものから私をどんどんと縁遠くさせていきました。

 

管理の難しさ

今はスマホのアプリに金銭管理アプリが沢山ありますよね。シンプルなものから、色々と機能が付いているものまで。

 

私もお財布の中身の管理にいくつかの金銭管理アプリを使用したことがあります。が、なぜだかお財布の中身とアプリ上の数字が合わない。

自分で計算しているわけでは無いのに。

レシートも買い物のたびにしっかりと貰っています。それを参考に記録をしています。

にもかかわらず、合わない金額。

 

さらに、口座に入っているお金の動きもなかなか見えてこない。

毎月決まった日に記帳とかしに行く習慣がないので、数か月分まとめて記帳して残高に驚いたりするんです。

カードを使用すると一気に落ちるので、その額の大きさにくらっとしたり…。

 

便利機能のついた金銭管理アプリは、多機能すぎて私には扱いきれない。

銀行口座とリンクさせて使えるアプリでも、私は口座の方をデジタルで利用できるような設定にしてないからそちらの方の設定から始めなくてはならず、ハードルが高い。

 

お財布の中身ですら管理しきれない私に口座の中のお金の管理なんて…。

 

そのくせお金を使ってしまうんですよね。

 

貯金習慣

お財布の中身の完全な把握と管理もしたいのですけど、銀行口座の方での貯金がしたい。

 

理想としては、毎月定額貯金していきたいんです。

一番手っ取り早いのが定期積立のシステムを利用すること。

 

ただ私の場合は固定で収入があるわけでは無いので、自動的に定期にお金を振り分けるというシステムがちょっと怖いんです。

確実に貯金額を増やせるけれども、今の私には合わない感じ…。

 

自分の管理で、毎月〇〇円キッチリ貯金して残していく。貯金額を徐々に増やせるようなお金の使い方、管理をしていく。というのが、今私がおこなおうとしていることなのですけど、これには鋼の心が要る。

甘い誘惑やらに負けない鋼の心。

そして、しっかりと金額があったお金の管理。

 

心の問題は自分と戦うとして、お金の管理にピッタリと合った方法を見つけなくてはなりません。

 

今はスマホのアプリとかデジタル的なもので金銭管理しようと試してみているところ。

しかし、セルフ定期積立貯金のお金の動きに関しては、どのようなアプリならばしっかりと管理できるか分からないので、手書きで管理してみようと思っています。

年単位のスケジュールみたいな、そういうものを組める大きなカレンダーがあればいいんだけどなぁ…。

自作かなぁ。

 

継続は力なり

貯金って何よりも継続は力なり、ですよね。

 

貯める努力と使わない努力。この2つの努力の継続と、しっかりと管理することが合わさって貯金額を増やすことが出来るのだと思っています。

 

色んな意味でお金の計算ができない私。

こちらの面で継続できるでしょうか…。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ