砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

図書カードを作りましたの。

f:id:amai310mizu:20210821195209j:plain

母の家から車で10分もあれば図書館がありまして、気になってはいたんです。

読書習慣を身につけようと思ってまして…。

やっと図書カードを作ってきました。

 

 

知らない場所に

母の家には今までだってちょくちょく来ていました。

でも、こんなに近くに図書館があるだなんて知らなかった…。

 

公的な大きな建物があるんですけど、その敷地内に図書館もあったんです。

Googleマップ見てて、たまたま見つけました。

 

こんなに近くにあるなら利用しないのは勿体無いなぁと思いまして、それなら利用するために図書カードを作ろう、と。

本当は母の家の方に住所を移す手続きをして、その後に図書カードを作るつもりでした。

でも、引っ越しの手続きは色々な理由があってもう少し後に回すことにしまして。

図書カードだけ先に作ってしまおう、と。

 

買い物に出かけたついでに図書館に寄って、図書カードだけ作ってきました。

今まで建物の周りは良く通っていましたが、ここに図書館があったなんて…!と驚きつつ、無事に手続き終了して図書カードゲットです。

図書館の利用方法も丁寧に説明をいただきまして、これでいつでも図書館を利用できます。

 

懐かし図書館

図書館、私が今まで生活していた地域でもあったんですけどねぇ。

私が小学生の頃に新しく作られた図書館で、その当時はその地域に住んでいる住民に図書カードが配られました。

そのため、その当時は利用してたんです。

土日とか親と一緒に行って本を借りてました。

 

けど、時間が経つにつれて利用頻度は減りまして…。

中学生の頃にはもう行かなくなってしまったような気がします。

そもそも学校に図書室があるので。規模は違えど、わざわざ図書館に行かなくても…感があったんです。

学生じゃなくなると余計に図書館とか遠のいてしまって。

本を読む頻度も一気に減ってしまいました。

 

図書カードを作るために行ってみた図書館、あの独特の空気感とか本がみしーっと並んでいる感じとか、なんだかテンションが上がりました。

じっくりと棚の一つ一つを見て回ったわけでは無いのですが、児童向けの本から雑誌まで幅広く置いてあるようでした。

美的とかメンノンとか図書館に置いてあるのはちょっと違和感ありましたけど。

でも、私の中の図書館って中学校のソレなので、公的な施設である図書館とはやっぱり置いてある本の感じも違いますよね。

 

また本を借りに行く時にじっくり棚とか全体を見てきたいなぁと思ってますが、図書館って良いですねぇ。

 

通うのだ。

最近は天気の予想が難しくて雨が降ったり止んだりで、外に出るのも躊躇ってしまう日が多いですけど、空の様子も見つつ図書館へ通いたいと思います。

勉強したいと思うこともあるし、単純に本が読みたいし。

 

秋が始まる前に読書習慣を身につけて、今年の秋は読書の秋にしたいなぁと思ってます。

紙に触れる、文字を読む、それらのことをもう一度楽しめる生活になっていくといいなー。