砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

今年こそは花粉に負けない肌になる!対策法は基本を丁寧にすること

f:id:amai310mizu:20220304094614j:plain

昨日も話題に上げましたが、花粉がしんどいです。

くしゃみを何回連続でしているか?も分からなくなるくらいにして、鼻は痒いし、喉の奥も変だし…。

肌荒れの恐怖もじんわりと襲ってきている今だからこそ、花粉対策調べました。

花粉皮膚炎

花粉が飛び始めると、ニュースでも「そろそろ…」というような話題が出ますよね。

今年の花粉は例年に比べ…」というやつも。

花粉症と言うと、目の痒みやくしゃみ鼻水が大きいイメージです。

が、肌荒れする人も居るし、胃腸の調子が悪くなる人や、だるさ、気分の落ち込みなどを感じる人も居るそう。

それくらい花粉のダメージは人にとって大きいものなんですね。

私は現在、くしゃみと目の痒みが悩み。鼻水はくしゃみの回数に比べると少な目です。

そして、春になると悩むのが肌荒れ

花粉による肌荒れの事を『花粉皮膚炎』と言うそうです。

皮膚の痒み、赤み、ほてりなどが主な症状。

私はとにかく痒みが酷いですね。

花粉によって肌荒れする原因は、刺激です。

花粉によって肌が刺激を受け、痒みや赤みなどを引き起こすみたい。

肌が花粉に負けないようにするためには、バリア機能を高めなくてはいけません。

これが、自分でできる対策になります。

対策2つ

花粉に負けない肌のためにできる対策は、大きく分けて2つ。

どちらも、バリア機能を低下させないためのものとも言えます。

花粉からガード

まずは、そもそも肌に花粉が付着しないようにガードするということ。

このご時世、どこに行くにもマスクしますけれども、これも花粉対策としては効果があります。

マスク・眼鏡・つばのある帽子が、花粉の対策になります。

そして、洋服も首が隠れるような服装が大事。

首の皮膚も薄くて弱いですからねぇ。

洋服も、花粉が付着しにくいスベスベツルツルしている素材の物が良いみたいです。

スプリングコートとか、そういうものを探してみるのが良いかな。

外から帰宅したら、手洗いうがいの後に、シャワーを浴びるのが大事。

花粉が付着したであろう髪の毛(頭)から、洗い流してしまえば、花粉による刺激は減りますよね。

こまめに部屋の掃除をしたり、空気清浄機を使うのも大事みたいです。

洗濯物も可能であれば室内で干したい。

バリア機能をキープ

肌を花粉の刺激に負けないようにするためには、皮膚のバリア機能をキープしたい。

そのためには、なるべく刺激を与えないことと、乾燥させないことが大事。

刺激と言うのは、花粉による刺激だけではありません

メイクの際の刺激や、洗顔の際の刺激も、なるべく減らしていくのがポイントです。

そして、しっかりと保湿をすることで、肌荒れしにくい状態に。

メイクの刺激と言うのは、メイクをすることというよりも、メイクをする際の摩擦などの刺激に注意!って感じです。

日焼け止めやファンデーションは皮膚を花粉の刺激から守ってくれるので、できるだけメイクして外出する方が良いみたいです。

ただ、その際に「ゴシゴシしちゃだめだよー」という。

頑張ろう!

そもそも肌の調子を整えるためには、規則正しい生活を送るというのも大事です。

洗顔やスキンケアも、基本を丁寧に行っていれば、刺激にはならないでしょう。

保湿が大事っていうのも、基本だしね。

肌が敏感になってしまう季節だからこそ、基本を大事に丁寧なスキンケアを心がけたい。

そして、花粉対策をプラスして、今年こそは肌荒れ悪化させないように頑張りたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ