砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

花粉が私を襲うのです!朝のメイク時間で花粉も撃退したいという話

f:id:amai310mizu:20220303163251j:plain

春ですねぇ。

日中は窓を開けて生活していたりもしますが、気になるのが花粉。

散歩に出かけてから、くしゃみと目の痒みに付き纏われているのですが…。

そんな花粉対策になるかもしれない、メイクの話をしたい本日。

メイクのポイントはやっぱり眉

髪型が変わってから、メイクも変えたくなりまして、『ふんわりメイク』が最近の私のブームです。

アイシャドウをいかに柔らかく肌に乗せて、綺麗なグラデーションを作るか?というところに気合を入れていました。

いくつかのアイシャドウパレットから、色の組み合わせを試すのが楽しい毎朝。

が、気づいてしまいました。

アイブロウが綺麗に描けていないと、顔全体の仕上がりが良くないのです。

ふんわりとした眉を描くには、ペンシルよりもパウダーを使用する方が、私の理想とする眉を作れます。

が、パウダーのパレット付属のブラシは小さすぎて、上手く眉が描けません…。

これは、単純に私の技量不足なのだと思うのですが。

普段はペンシルで描く派で、アイブロウのパレットを持ってはいましたが、ほとんど出番がなかったのです。

理想の眉のため、ふんわり顔作成のため、アイブロウブラシを購入することに!

いつもの楽天市場で色々と見て、「これにしてみよう」と言うものを見つけたので、購入。


 

それが届いてからは、ふんわりアイブロウの完成度が高くなりました。

「ブラシって大事だなぁ」としみじみ。

ペンシルで眉を描くよりも、眉を綺麗な形で描くことができて、しかもふんわりとした眉にできるので、かなり満足してます。

メイクって、スキルも大事ですけど、アイテムも大事ですね。

ベースとシメと

基本のキ

さて、アイブロウも大事ですけど、そもそもベースメイクを綺麗に作れないとダメですよね。

基本的にパウダーファンデを使用しているので、塗り残しがないように、とか、丁寧に、と言うような基本のキを大切にしています。

プチプラ帯のコスメを使っているのですが、「自分の使い方次第で良くなるだろう…」と期待してのことです。

メイクのし方も大事ですけど、アイテムが清潔かどうか?って言うのも大事。

スポンジとかこまめに洗って、清潔な状態にしてます。

なるべく丁寧にベースメイクをして、アイブロウ、アイシャドウという順番でメイクするのが私の流れ。

全ての工程で丁寧に楽しくメイクをすることが、良い顔を作るポイントかなぁ〜と。

シメ色

アイシャドウのグラデーションは、なるべく淡くふわ〜っとなるように作りたい。

でも、締め色を使わないと目元がぼんやりしてしまいますよね。

ただ、ビシッと濃い色を使うとグラデーションに合わないし…と色々考えています。

薄くブラウンのアイラインを入れてみたり、アイシャドウパレットをいくつも開いて考えてみたり、と工夫している最中。

ここに関しては、まだ答えが出ていません。

が、こんな試行錯誤も毎朝の楽しみ。

花粉に負けない肌になりたい

さて、とてつもなく嫌なのですが、花粉を感じています。

目が痒いし、くしゃみが止まらないし。

歯磨きしている最中にくしゃみが襲ってきて、地獄でした。つらい。

私は比較的花粉症の症状がひどい方ではないのだと思います。

が、肌荒れしてしまって、メイクなんてできないような顔になってしまう。

メイクが楽しい今のタイミングで肌荒れなんて最悪です。

一説ではメイクをすることで花粉の対策になるらしいので、きちんとそこらへん調べつつ、メイクをしていきたい。

その他にも、「花粉による肌荒れ対策を調べなくては…」って毎年思っている気がします。

春は憂鬱だわぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ