砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

ひさしぶりにものもらい。

f:id:amai310mizu:20190413195536p:plain

先日、久しぶりにものもらいになりました。

と言っても、症状はとても軽くて4日程で治りました。

 

ものもらい、時々なってしまうんですけれども

アレって何なんでしょうね…?

 

 

 

 

 重たい一重

やけに左目が重いな、かゆいな、と思っていたんです。

かゆいから、自然と手が伸びてかいてしまって。

 

鏡を見て「あ、」となりました。

ものもらい…。

ちなみに、ものもらいって正式名称ではないそうです。

しかも、関東圏の呼び名。

めばちこと言うと、関西圏の方には通じるのだろうか…?

全国で様々な呼び名があるものもらい。

正式名称は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と言うそうです。

 

私は一応ふたえなのですけど、

ものもらいが出来てしまった左目は重たい一重に。

特別誰かと合う用事もなかったので気にはしませんでしたが、

こんな状態じゃ外出等々したくないな、とは思いました。

目って隠せないですからね。

マスクしたって目は出てるし。

サングラスかけるくらいしか、隠す方法ないんじゃないか、と勝手に思っていますが。

 

重たくてかゆい左目。

ものもらいが出来ていた数日間は、鏡を見るのが嫌でした。

自分の顔なので、鏡さえ見なければ目に入ることは無いのですけれども。

人に会うような予定が無くて本当に良かった。

 

コンタクトとメイクと

ものもらい、目元を不衛生にしてるとなるイメージです。

不衛生というか、綺麗ではない手で目を触ってしまったりとか、そう言う事。

 

私は目が悪いので、日中はコンタクトをしています。

コンタクトは目に入れるものだし、綺麗にしておかなくてはと、気を使います。

もちろん、取り外しの際にもしっかりと手を洗って

綺麗な状態で目に触れるようにしています。

今回のものもらいの原因もコンタクトに関連した事ではないと思います。

 

思い当たるのは、メイク。

ものもらいの症状が出る前の日くらいから、アイラインをひいていました。

普段は面倒なのでアイラインはしないんですけど、

メイクが楽しい期間だったので、私なりに割と手の込んだメイクを毎朝していました。

その中の工程の一つがアイライン。

 

久しぶりにラインを描いたので、左目に描く時にガタガタっとなり

目の方に入ってしまったんですよね。

きっとソレが悪かったのではないか、と思っています。

 

ものもらいが出来てからは、ベースと眉だけ描いて

アイメイクは一切しないようにしました。

それのおかげか症状が引くのはあっという間でしたけれど。

せっかく楽しいと感じていたメイクができないのはつまらなかったです。

 

軽症で済んで何より

ものもらい、今までも何回かその症状が出た事がありますけれども 

全て軽症で済んでいます。

病院に行くような事も無かったです。

今回も、数日で症状が消えてくれたので良かった。

 

これでまた、メイクが楽しめます。

 

目元はデリケートな場所ですから、綺麗に保っておかなければ、と改めて思う事ができたので、

悪い事ばかりではなかった、と前向きに捉えようと思います。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村