砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

マウスピース生活に慣れてきた頃の歯医者への通院

f:id:amai310mizu:20190915094913p:plain

久しぶりに歯医者に行きました。

現状の観察の為で、大きな変化は無かったのですけど、

少しずつでも歯の矯正が進んでいる、と実感できる時間でした。

 

 

 

 

先生の初めて!?

今現在、私の歯にはマウスピースがはめられています。

今まではワイヤーとブラケットで歯の矯正をしていたのですけれど、そこから、それなりに歯並びが綺麗になったのでマウスピースへと変わったんです。

 

奥歯もそこそこに綺麗な並びに。

 

しかしながら、前歯の一本がちょっと斜めを向いています。

窮屈な感じなのかな。

とりあえず、今回の通院ではその斜めの歯を真っすぐに向けるように、とマウスピースにちょっと変化を加えました。

 

マウスピースへ変化を加えている間、私はただ寝て待っているだけなのですけど、

先生が、「初めて作ってみたんだよね」と。

歯の矯正をそれなりに多く担当しているであろう先生が、マウスピースを作るのは初めてだと。

正直びっくりしました。

 

デザインとか、私の歯に合わせて作っているので勿論同じ物は他に2つとないのですけど、

マウスピース自体を始めて作り、それを使っての歯の矯正も初めて、との事らしい。

 

綺麗な歯並び

そこそこに綺麗になってきている私の歯並び。

 

マウスピースを着けての生活も慣れてきました。

仕事をしている時とか、外出をする時でも変わらず着けて生活しています。

 

夜寝る時は必ず装着していて欲しい、と先生に言われているのですが、

外出の時などは外していても良い、と言われました。

 

マウスピースを外す時間が長くなり、歯の並びがまた崩れてきたら、マウスピースを装着する時間を長くする…と言うような感じで

マウスピースとの生活をしていってほしいとの事でした。

 

しかしながら、マウスピースを外している時間を長くするのは恐いものがあります。

せっかくそこそこに綺麗になった歯並び。

1年とかからず早いスピードで動いた歯ですから、歯が戻ろうとするのです。

そうやってまた元の歯並びに戻ってしまうのは困るので、マウスピースを外している時間を長くするのは不安になるんです。

 

せっかくの綺麗な歯並び。

維持したいものです。

 

次は

次の通院は11月になります。

その頃にはもっとマウスピースを外している時間が長くなっているのかもしれません。

相変わらず、歯並びが崩れるのが怖くてつけっぱなしなのかもしれませんが…。

 

綺麗な歯並びが手に入ると、歯磨きが楽になってくれてとても助かっています。

これが、毎日の生活の中で一番大きい嬉しいポイント。

歯磨きって毎日の事ですからね。

 

マウスピースを装着して生活するのも慣れてきたので、不便だと思う事もあまり無いです。

活舌は悪くなるのですけど、電話とかする事があまり無いのでそんなに問題は無いのかなぁと思っています。

 

次の通院がちょっと楽しみ。

歯医者に行くのが楽しみだと感じる日が来るとは、びっくりですが、

綺麗な歯並びを手に入れられると考えると楽しいんです。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村