砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

シルバーカーを購入してみた話。

f:id:amai310mizu:20200909012420p:plain

同居している祖母は元気です。

基本的に年齢を聞かれ、答えると驚かれます。見た目も行動も比較的若々しいタイプ。

 

しかしながら、やっぱり歳には勝てないようです…。

 

祖母の希望で新しいアイテムを購入しまして、今回はその話でもしようかと。

 

 

 

 

若さと歳と

他人から若いとみられる祖母。

孫である私は、感覚として永遠に孫なので、おばあちゃんはおばあちゃんという感じで…自分が歳をとっているにも関わらず主観は幼稚園の頃のまま。

20年以上時間が流れているのに歳を取っているのは自分だけなのです。

親に対していつまでも若く生きていると感じるソレと同じなのかも。

 

私にとって祖母はいつまでも若く元気な祖母。

 

と思っているのですけれども、現実はそう言うわけにもいかず。

 

やっぱり私が歳を取れば、祖母も同じだけ歳をとるわけで。

同じ20年でも年齢のステージの違う私と祖母とでは、祖母にはより大きく老いというものが襲い掛かっているのです。

 

いつまでも若く元気で居て欲しいと思うのですけれども、それは私の希望であって、現実は見ていかなくてはならない部分もある。

 

私が見ている以上に、祖母は生活の中で老いを感じていたようで、祖母の希望でとある物を購入しました。

 

アイテム

祖母が欲しい、と言ったのはシルバーカーです。

 

シルバーカーにもタイプが色々とあるようですが、祖母が欲しいと考えていたのは荷物が搭載できて、座れるタイプのやつ。

 

シルバーカーって足腰が弱くなってきた方が安定して歩いたりするための物なのかもしれませんが、祖母には祖母の考え方がありまして。

通販のカタログに載っていて、気になったようで相談されました。

 

基本的に普段は私が車を運転して、可能な範囲を足として動いています。遠出をする予定は無いので、生活圏内のスーパーへの買い物や病院への通院はなんとかなっているのです。

が、私が個人的な用事で母の元へ1週間とか滞在してしまうと足が当然無くなるわけで。

通院とか必要な用事を済ませてから母の元に移動しているので、祖母が困るのは日々の買い物。

 

我が家では2日か3日に1回の頻度で買い物に行っています。私含め3人しか居ないので食料の消費量はまぁ少ないんです。

そんなわけで買い物に毎日出かけたりはしないんですけど、やっぱり1週間も足の不在となると必要な物が出来た時に買い物にサッとは行けない。

 

スーパーまでは歩いて行けるだけの体力がある祖母。しかしながら何かしらの買い物をしてしまうと帰りが辛い。

祖母曰く野菜を買ってしまうと重い。

 

そんなわけで、シルバーカーを買おうと思ったようなんです。

 

通販のカタログでは3万円位するシルバーカー。

近場のホームセンターに見に行ったところ、お店の中にある薬局でシルバーカーが並んでいました。

薬局の店員さんとも相談して、実際に触らせてもらいつつ、祖母はシルバーカーを購入しました。

ちなみに値段は通販のカタログの約半額。

 

実際に見て、納得して購入していたので祖母も満足な様でした。

 

長く

そもそもは足である私が家にいつでも居ればいいんですけど、今のところ月に1回程母の元に1週間の滞在をするような生活になっておりまして…。

 

この先祖母と一緒に暮らしていく中で私の生活スタイルが変化していくこともあるかと思います。自分でも未来が想像できないので何とも言えませんが。

 

シルバーカーを買うことで祖母が不便に感じることが一つでも減ってくれればいいかなぁと思っています。

また、今よりも足腰が弱くなってしまった場合にシルバーカーがあることで散歩とか出られるような状態であればいいな。

 

歳をとってしまうと色々と億劫になってしまうようです。その様は近くで見ているのですけれども、やっぱり健康で長生きしてもらいたいので。

 

足は足として、もうちょっと自動車の操縦をマスターしてもうちょっと遠出出来るようになりたいな。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ