砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

お帰り、睡眠時間。

f:id:amai310mizu:20201004145255p:plain

ここ最近ずっと躁状態で睡眠時間がまともに確保できていなかったのですけれども、徐々に眠れるようになってきまして。嬉しい限りです。

 

しかし、一つ気付いたんです。

一応睡眠時間の記録をしているのですけれども、5時間以上の睡眠をとっていると日中も眠気に襲われる気が…。

 

そして、自分、寝過ぎじゃない?って。

 

 

 

 

お帰り

ずっとまともに眠れない日々でしたが、躁状態も徐々に落ち着いてきてきたようで、寝つきの良さも元に戻ってきました。

夜中にバっと目が覚めるということも無くなり、目覚ましが鳴るちょっと前に自然と目が覚める、今まで通りの睡眠に。

 

お帰り!睡眠!!

と言いたい感じ。

 

そもそも目覚めは悪い方では無いのですけど、躁状態の時の目覚め方はやっぱり異常でした。

ハッとまるで悪夢から飛び起きるように目が覚めて、目が開いた時から頭がグルグルと回り出すなんて…。

そして1日中目がランランしておりました。

 

普通の目覚めがどれだけ良いものか…。

目が開いたばかりのちょっと頭がモヤっとした感じが愛おしいです。

 

ねむねむ…

睡眠が通常運転になって気づいたのが、日中も眠いぞ、ということ。

元々寝るのは好きだし、許されなくても昼寝とかしっかりばっちり取って眠っていた人間なんですけど。

 

躁の時には眠気とはあまりにも遠い所に居て、しかもそれが長いこと続いたので、そちらに少し慣れてしまった部分があり、日中のもやーっと眠い感じが違和感。

 

お昼食べ終わった後の無駄な昼寝が幸せなのですけど、それすら妙な新鮮感。

 

常になんだか眠い人間だったなぁ、私。と変な発見。

 

躁の時の目がランランとして、常に何かしらの活動をしていた感じも1日2日くらいなら悪くは無いのでしょうけれど、1週間以上続いてしまうと流石にしんどい。

 

寝るのが大好きな私としてはそこに眠れないという精神的なダメージが加わって、やっぱり躁は辛かったなぁと。

 

実は、

睡眠時間が通常のたっぷり睡眠に戻って一つ思うのは、もしかしたら自分はこんなに沢山寝なくても生きていけるタイプなんじゃないか?ということ。

 

ショートスリーパーという程に睡眠時間が少なくなってしまうと完全に躁状態なんですけど、でも、今までのたっぷり睡眠ほどにしっかりたっぷりと睡眠時間を確保しなくても、私生きていけるのでは…?と。

 

寝るということが好きだったので、今まで考えたことも無かったのですけど、いつも通りに寝て起きて、睡眠時間の記録をした時にちょっとだけ勿体ないという気分になってしまっているんです。

 

今までが短すぎて可笑しかったんですけど、でも、寝る時間が減れば活動時間が増えるよなぁ…っていう。

ものすごく当たり前なことに今更気付いて、ちょっと損してんじゃないの??と思ったり。

 

眠ることは幸せですけれども、今現在ちょっと活動したい事柄があることから睡眠時間を減らせたら、それはそれで悪くはないかなって思っているんです。

 

まぁ、夜中の2時半に目覚ましセットしてる人間が何言ってんだよ、ってことなんですけど。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ