砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

文房具スキーの初体験。

f:id:amai310mizu:20210420195058j:image

文房具が好きな私。

万年筆とかボトルインクとか買い集めてはウハウハしております。

シャーペンやボールペンも好き。

 

しかし、そんな私にも未経験の文具があったのでした…。

 

 

 

 

消えるゥ

基本的に新しい手帳を手に入れたらその手帳用のペンも一緒に準備する私。

普通の大学ノートとかならシャーペンとかボールペンとか手持ちの物でどうにかするのですが、手帳というのは別。

シャーペンを新しく購入することはあまりありませんが、ボールペンは専用のものを買っている感じです。

 

手帳というのはスケジュール帳のことなのですが、スケジュール帳の主な用途がスケジュールの管理だと思います。

そのスケジュールの管理で面倒なのが、予定の日時が動くことがあるということ。

デジタルならば修正も簡単ですけれども、紙にボールペンで字を書いてしまうと消すことって出来ないですよね。

修正テープとかで上からビーっとやって、その上にまた新しく字を書き直す、というのが常識。

 

そう、私にとってはそれが常識でした。

 

が、フリクションペンという物がありますよね。

摩擦によってインクを消すことが出来るペン。

 

今まで1本も持っていなかったのですが、先日買い物に出た先で大量に安売りをしていたので、「安いなら、」ということで購入してみました。

 

黒いインクを購入したのですが、書いてみると黒というよりも灰色に近い感じ。

ただ、シャーペンとはもちろん違うわけでして。

インクでしっかりと文字を書けて、修正したければペンの後ろについている消しゴムみたいな部分で擦れば文字が消えます。

 

今まで使ったことが無かった分、便利と言われている理由は分かりました。

 

ボールペン?

フリクションペンって手紙の宛名等を書くのには使えないペンです。

摩擦で文字が消えてしまうので。宛名が消えちゃうと困ってしまいますもんね。

 

そもそも私が今までフリクションペンというものに手を出していなかった理由もソレ。

 

ボールペンという認識では、書いた文字が摩擦で消えてしまうということがとにかく不安で。

不安というか、不信感にも近い感覚でしたけれども。

使ってみた感じ、そこまですぐに書いた文字が消えてしまうということは無いみたいですね。

文字を間違えて消そうとしたのですが、割と強い力でゴシゴシしないと難しかったです。

 

儚いペンだと思っていましたが、その点に関しては覆りました。

 

が、ボールペンであるというような認識は間違っているようだなぁ、とも。

そもそも黒いインクのはずなのに書いた文字が黒くない所が不満。

灰色なら灰色として売ってくれれば文句ないんですけど。

それが何よりも不満。

 

 

使い道

正直使い道を迷っている感じだったりもします。

新しく手帳を購入した訳でもないですし、現在使っている手帳を書くための新入りとして迎え入れるつもりもゼロ。

しばらくは落書き用のペンになりそうです。

 

インクのペンだけれども消えてくれる、というフリクションペンの最大のウリであり強みは私にとっては大して魅力ではありませんでした。

買ってみて改めてそれが分かってまぁ、良かったかな。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ