砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

【栗料理】凡ミス2つを乗り越え美味しいクリームスパが出来ました!

f:id:amai310mizu:20210929213616j:plain

先日頑張って剥いた

 

www.310mizu.com

 

栗ご飯にして美味しく楽しみましたが、まだ栗は余っていました。

そこで、栗料理第2弾

栗ときのこのクリームスパゲッティを作ってみることに。

 

凡ミスがふたつ。

母が栗を貰ってきてくれて、それらの皮剥きをしました。

生の栗がゴロゴロ…。

栗ご飯を炊いても、まだ余っていた栗を「どうしようか?」とレシピアプリを眺め、気になったクリームスパゲティを作ってみることに。

一応買い物に行く前に、必要な食材を揃えてきたつもりでした。

が、ここで凡ミス1つ目

ソースに入れる粉チーズを買い忘れていました。

クリームソースのとろみづけにも重要な粉チーズ。

無い物は仕方がないので、冷蔵庫を物色…。

シチューの素があったので、それをとろみづけも兼ねて使うことに。

コンソメと塩で塩味をつけるというのがレシピだったのですが、シチューの素を入れるので、塩は使わないように変更。

 

さて、「リカバリーできた!」と料理を始めて、順調に手を進めていき…。

ソースにあわせて麺が茹で上がるように、と沸騰したお湯にパスタ麺を入れ、タイマーをセットしたところで気づきました。

栗、生じゃん…!って。

 

レシピでは作業のスタートが、生の栗を茹でて、鬼皮を剥くという段階からでして…。

既に皮を剥き終わっていたために、読み飛ばしていました、私。

確かに、皮を剥く作業は終わっている。

が、栗に火が通っていないのです。

ここのポイントをすっかりうっかり忘れていました。

沸騰したお湯の中ではパスタ麺が踊っています。

しかも3分で茹で上がってしまうタイプの麺なので、のんびりしていられません。

大慌てでスマホを手に取り、レンチンで栗を茹でる方法を検索。

500Wで5分程度で茹でられると分かったので、急いでレンジをON。

しかしながら、ワタワタしている内に時間が経っていて、その段階で3分経過…。

麺をお湯からあげて、お皿に盛り、あとは栗待ち時間。

 

レンチンによって火が通った栗をソースの鍋に投入し、軽く混ぜ合わせてパスタソースも完成!

 

予想外のバタバタもありましたが、無事に栗ときのこのクリームソーススパゲッティ完成しました。

クリームスープ

クリームソースの方は、味付けはコンソメとクリームシチューの素。

具材は、しめじと玉ねぎ、豚肉に栗でした。

具材を炒めて、火が通ったところで生クリームと水を投入。

グツグツっと来ればソースは完成です。

 

ただ、ワタワタと作業していたので、途中で水を追加したりしていて。

気付けばソースがたっぷり

 

麺とのカロリー等の兼ね合いがあるので、私のお皿はソース少な目。

プラス、麺を放置していた時間があるので、膨張もそこそこ。

 

少な目のソースでしたが、味付けとしては物足りないということはありませんでした。

麺を取る場所によっては「薄ぅ」となるところもありましたが、味付けのバランスは良い感じ。

 

母は制限が無いので、自分の好きな量のソースを麺にかけられます。

結果、スープ感高めの一皿に。

「お腹いっぱい…」と、しばらく椅子に座って休んでました。

 

退院してからスパゲティを食べたのは初めて。

そういった部分でも喜びが大きかったです。

美味しくできたのも嬉しかったなー。

次はどうしようかな?

母に栗を下さった方が、また栗を譲ってくれるらしいです。

また近々生の栗が我が家に来るということなので、皮剥き作業もまた待っているということ。

剥き剥き作業は楽しいので、私はそれだけでワクワクしています。

 

レシピアプリで、栗を使ったレシピをいくつも見ていて。

作ってみたいレシピにチェック入れているので、それらの中からまた色々と作ってみるのも楽しみ。

クリームスパゲッティも、粉チーズもちゃんと準備して、栗にも火を入れて、リベンジしたいと思ってます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ