砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

「冬と言えば鍋!」気づいた面倒さにイライラが募った食事時間の話

f:id:amai310mizu:20211107140759j:plain

寒くなって来て、お鍋が美味しい季節ですね。

しかしながら、私にとってお鍋は面倒な食べ物。

そんな面倒さに直面した私の雑記です。

鍋と計算

お鍋に限ったことではなく、大皿料理を食べることがない私の食生活。

食事制限があるので、食べた物のカロリーとか計算できないと困るんです。

そこで、料理は全て各々のお皿に分けています。

今年初のお鍋

食事制限が出来てから、初めてのお鍋です。

「寒くなってきたし、お鍋食べたいね~」という。

ちょうど休日だったこともあり、食事の準備は母がしてくれました。

いつもの土鍋で、水炊きを。

この時には、私も母も特に何も考えていませんでした。

面倒なご飯

お鍋から食べたい物を取り皿にとって、全てを計算してメモ。

計算し終わってから、ようやく口に入れる…という食事。

これ、食材を取って計算出来ているうちはいいんです。

けど、お鍋って土鍋の中で具材が煮崩れてしまうんですよね。

そうなると、思うように具材が取れない。

そんなこんなで、温かいお鍋から少し遠のいた夕食となったんです。

 

そして、翌朝。

母と二人ではお鍋を空っぽには出来なかったので、翌朝の食事も鍋の残り。

具材が少なくなっていたので、うどんを追加。

こちらも、同じように取り皿に取った分を計算して、食べました。

朝の食事のカロリーは、普段よりもとても高いものになりました。

で、お昼の食事の際に「残りはこれくらい」と、母に伝えたんです。

食べられる範囲が狭くなっていたので、お昼と夕飯でかなりバランスをとらなければ、という状態でした。

それを伝えると、母からお小言が。

「大して量も食べていないのに、そのカロリーはおかしい」

「それでは痩せる一方だ」と。

こういう言葉が出てくるのは、相手が母親という立場の人だからなのだと思うんです。

が、厄介だなぁと思ってしまう。

食べたいと思っても、思うように食べることが出来ない…。

そういったモヤモヤが全くないわけではない中で、こういう言葉はイラっとしてしまうんですよね。

コ食かね。

イライラとしながら記事を書いているので、何とも言えない気持ちですが…。

これから鍋をするなら、小さい一人用の土鍋で、全ての食材を先に計算してから…ということになります。

お鍋の醍醐味が多少薄れることにはなりますが、そうしなければ、その他の面倒がくっついてくるのです。

食育的な観点からすると、あまりいい事でもないような気がしますが…。

ま、私はもう子供ではないのでね。

今更食育なんてものを考えなくてはいけないような歳でもないし。

出来るだけ、食卓を囲んでいる相手から文句を言われないように、食事の時間を終わらせることを優先しようと思います。

休日はどうしてもカロリーオーバーになりがちなんですよね。

3食キッチリ食べるような流れになるので、平日とは勝手が違います。

だから余計にイライラするのかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ