砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

寒さに震えて目覚める朝も子猫と日光でぬくぬく寝落ちできる日の話

f:id:amai310mizu:20211226205250j:plain

朝目が覚めて寒さに戦慄しました。

寒波が本気出してるなぁ…という朝。

ニュースで言ってたけど、大げさじゃないその寒さに震えながら、傍らのモコモコを抱きしめました。

寒い…。

冬の本気

ニュースで寒波がやってくる、とか、不要不急の外出は控えましょう、とか言っていたのを横目で聞いていました。

冬になっても雪とは無縁の地域で暮らしている私。

最強寒波がやって来ようとも、スタットレスタイヤすら不要です。

そんなわけで、完全に他人事として、ニュースを見てました。

そして、翌朝。

目が覚めて、寒さにおののきました。

1時間は布団から出られず時間を溶かし…。

布団に潜り込み、丸くなり、お腹に子猫を抱きかかえました。

猫が温かいのです。

そのおかげで余計に布団から出られない。

のですが、朝5時には子猫の1回目のごはんの時間になるので、準備をしなくてはならず…。

子猫のおかげで布団から出られない私でしたが、子猫のために!と気合で布団から抜け出しました。

日曜日の話です。

休みの日だから、寝ていようと思えば7時くらいまでは許されるんですけど。

子猫の朝ごはんは大事だからねー。

いやぁ、しかし、寒い。

温暖な地域で暮らしている私がこれだけ寒さに震えるのですから、本気で寒い地域の人たちって凄いなぁ…って思うんです。

ニュースで見る豪雪地帯の様子に「こういう場所では生活できない…」と呟いた母に、私も強くうなずいてしまいました。

2階はぬくぬく

朝晩は寒すぎるのですが、陽が出てくれれば暑すぎるくらいの2階

12月でも30度とか記録してる部屋です。

と言うことで、寒さに震えていた朝も陽が出てくればぬっくぬく。

猫と共に日向ぼっこしてました。

こういうところが本当に有難いよねぇ。

日光の力って偉大

天気のいい日は暖房が要らない日中。

豪雪地帯に住んでいる方って、どうなんでしょうね?

「日光の力は偉大!」って思われてるんだろうか…?

それとも、雪の方が勝るのかな??

私には経験が無いので、分からないんですけども。

冬でも暖かいって有難いね。

夏も、そこまで暑さが極まる土地ではないので、それも有難い。

観葉植物たちと共に日光浴しつつ、傍らを走り回る子猫を眺めつつ、寝落ちしてました。

冬眠希望。

このまま寒さが極まっていくのでしょうね。

2月に向けて寒くなってくんだろうなー。

夜は子猫が一緒に寝てくれるので、電気毛布とか無くても暖かいんです。

日中のぽかぽかしている中で昼寝とかしてるととても幸せ。

許されるなら、延々と寝てたいです、私。

外出ると寒いからね。

部屋で寝てるのが一番幸せさ。

ブログランキング・にほんブログ村へ