砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

夜中の警報で飛び起きた!子猫を見ながらもしもの時を考えてみる

f:id:amai310mizu:20220117094049j:plain

先日、夜中に飛び起きました。

スマホがワンワン鳴り響き、『津波警報』のお知らせ。

ベッドから飛び起きた私の横で、同じように飛び上がった子猫がいました。

いやぁ、びっくりした…。

心臓に悪い警報

津波警報とか、地震もそうですけど、あのスマホから鳴り響く警報の音は本当に心臓に悪いです。

音階もそうですが、爆音で鳴るので、寝ていても一瞬で目が覚めるのでした。

緊急性が高いので、あえてあの音で音量なんですよね。

不安感を与える音なのも、わざとらしいです。

一時期は地震が多発していたこともあって、鳴ることもありましたが、その時からしばらく経って、忘れていた頃でした。

そんなこともあって、驚きはかなりのもの。

スマホを目覚まし時計にしていることもあって、枕元に置いていたので、それでも驚いた。

しかし、そんな私よりも驚いた子が。

それが、私の横で寝ていた子猫

警報の音に驚き、文字通り飛び起きました。

というか、布団から飛び出した。

反動なのだと思うんですけど、跳び上がり、私を飛び越えて床に着地していました。

爆睡していても、瞬発力は流石です。

目覚めた私は、急いでスマホで情報収集しました。

津波の規模はもちろんですが、その原因も検索。

その後、また眠りました。

もしも、を考えよう

今回の津波警報に関して、私は今すぐ避難しなくてはいけない!と言うような状態にはならなかったので、二度寝したのですが、いつでもそう出来るとは限りません。

なんなら、急いで避難しなくては命に関わる!と言う状態だって考えられるのです。

そんな時、身一つで家から飛び出せれば良いのでしょうけれども、それは出来ない。

なぜなら、子猫がいるから。

子猫にはお出かけバック(リュック)があります。

病院に行く時などに、子猫を入れて連れて行くのです。

リュックには小さなポケットがあり、少しだけなら荷物を入れることが出来ますが、やっぱりそれでは足りない。

少なくとも、子猫のご飯・水・おトイレシートくらいは必須です。

あと、個人的には子猫の情報が書いてあるペット手帳も持っていたい。

そんなわけで、人間の物ももちろんですが、子猫の避難カバンは必須だなぁと思いました。

人間用の避難カバンは色々と売っていますし、自分で準備する方法もあります。

きっと猫には猫で、必要な物の一覧とか調べれば出てくるんだと思うんです。

そういうところもしっかり準備しておかなくてはいけないなぁ…と今回のことで強く思った私です。

何もないのが良いけどね…

もちろん、何もなく平和に生活できるのが一番です。

が、自然災害はどうしようもない。

予測だって、防ぐことだって、出来ないでしょう。

だから、もしもの時のために支度しておくくらいしか、私にできることはないのです。

私が生きている内には、大きな規模の地震が起きるだろう…とずーっと言われています。

そもそも小さい頃からそんな話はあったのですけど、それが何時なのかは不明。

だからこそ、できる準備はしておきたいですね。

何もないのが一番だけどね…。

ブログランキング・にほんブログ村へ