砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

人生初の酔ってオロロったアラサーはあんまり学習してないという話

酔っぱらってオロロロロとなりました、アラサー。

人生初の出来事でしたが、妙に頭は冴えていて。

これはネタになるなぁ~とか思ってた昨夜のお話です。

よっぱらい。

アルコール、今年のお正月にお酒を飲んでお腹を下してから、ほぼ飲まない生活でした。

と言っても、そもそも日常的に飲むような人ではないので、大して生活に変化があったわけじゃないんです。

そもそもお酒に酔う感覚が好きじゃないので、飲むってなる時はほぼ気分。

「暑くなってきたしビールでも飲もうかなぁ~」っていう、そういう感じです。

そう、昨夜もそんな感じで夕飯の時にビールを飲みました。

350mlの缶1本

お酒に弱いのは分かっているので、1本飲めば十分です。

酔うし、お腹も膨れるし…。

逆に言うと、ビール1本くらいなら問題ない、ハズでした。

が、飲み終えてくらくらしてきて。

「なんだか気持ち悪いなぁ~」と。

この酔っ払いの感覚が好きじゃないので、その妙な不快感を再確認するのはいつもの事。

しかし、「歯磨きしよう」と椅子から立ち上がって「これはまずいやつなのでは?」と感じました。

鏡で見る自分の顔や体は真っ赤。

が、トイレに行き出てきた顔は真っ白で。

グワングワンと世界が回るので、そのままベッドに直行しました。

泥酔。

お酒に酔って吐くというのは、そこまで珍しい事ではないのかもしれません。

飲み過ぎた人が「オエェ~」ってなるっていうイメージはよくあるよね。

人によってアルコールに対してのラインが違うと言うのは分かってはいるのですが、ここまで頭が冴えた状態で具合の悪さを感じて、吐き戻すというのが個人的には驚きでした。

これは私の勝手な先入観なのかもしれませんが。

もっと前後不覚みたいになった人が、誰かに担がれてお世話になっているイメージが強かったんですよねぇ。

でも、そういうんじゃないんだね。

吐くことも、具合の悪さも、気持ちの悪さも、全てが「久しぶりだなぁ」と頭の隅で思いながら…でした。

なんなら「これだから酔うのは好きじゃないんだよ…」とか思ってました。

好きじゃなければ飲まなきゃいいだけの話なんですけどね。

ここの学習をしないのは何なのだろう?

酔ってふわふわするような感じとか、シラフの時とは明らかに違う感覚とか、私にとっては全てが不快感だったりします。

お酒の場は嫌いじゃない。

酔った人の饒舌なお話を聞くのも、嫌いじゃないです。

が、自分が酔うのは好きじゃない。

ただ、今まで大きく痛い目にあっていないこともあって、その場のノリ的な感じで飲んではいた。

その結果の今回。

多分、こんな思いをしても、また忘れたころに飲むんだろうなぁって思ってます。

頭のどこかが冷静に働いている時点で、そこまでのマイナスじゃないのかもしれない。

誰かに迷惑かけたりしちゃったら止めるかもだけど。

アラサーにして人生初の酔って嘔吐しましたが、これも笑い話…か?

お酒はほどほどに、です。

ブログランキング・にほんブログ村へ