砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

猫生初の夏を体験中のある日のノアを観察している飼い主の雑記です

昨日は1日ダウンしていましたが、それなりに復活しました。

本日は猫についての記事になります。

というのも、昨日色々と猫に関して面白いことが起きたので、それらをまとめて書くことにしました。

いやぁ、予想外。

夏掛けの罠

最近暑いので、掛け布団を夏掛けにしました。

私は毛布の民なので、1年中毛布を掛けて寝るのが理想なのですが、母が楽天市場のお買い物マラソン中に良さげな夏掛けを購入してくれていたので、それを使うことに。

夏掛け、薄手の軽い掛け布団です。

生地もさっぱりとした触り心地の良いもので、寝ていても快適。

なのですが、この生地がどうやら猫のノアには楽しいらしく…。

触れるとシャカシャカっとする感じなんです。

で、私がベッドに横になっていようとお構いなしに、人の上で大運動会

夜は基本的に一緒に寝ているので、運動会の開催は明け方。

私のスマホのアラームが鳴る30分前くらいから開始されます。

シャコシャコシャコシャコ…と動き回り、掛け布団を抱え込んで蹴り蹴りして、最終的に私の脚ごと噛み付きました

ノアには私を傷つけようという意思がないのは、もちろん分かっています。

楽しい布に噛み付いた結果、その向こうの私の脚にも牙が刺さっただけ。

ですが、痛いものは痛い

ガブっとされたミミズ腫れを見ながら、「仕方ない…」と思ってます。

多分、夏掛けを使用している間は、ノアの楽しい運動会は続くんだと思います。

おもちゃなども飽きることがあまりない子で、お気に入り認定すればそれが壊れても永遠と遊んでいるので。

夏の間は私も遊びついでに噛まれることを覚悟しておかなくてはいけませんね。

思わぬ反撃

我が家、そこそこというか、かなり古いお家なので、風通しが良い。

と、良いように言えば聞こえがいいのかもしれませんが、隙間風とか通ります。

冬場はとても寒いやつ。

で、家の中でよく遭遇するのが小さなクモ

ピョンピョンと跳ねて移動する小さいやつです。

益虫と言われたりするアイツですね。

私はもう慣れてしまっているので、見かけても特に何をするでもないのですが、このクモをひたすら追いかけているノア。

天井に逃げられても、可能な限り追いかけ続けています。

昨日も、いつものごとくそんな感じでクモを追いかけていたのでしょう。

が、ドタバタと急に大きな足音をさせて走り、立ち止まった先で体をブルブルとまるで犬のように振り、同じ場所をひたすら舐めていた。

そんな落ち着きのない様子が気になって、背中を撫でてあげれば、私が触れるたびに体を大きくビクッとさせる…。

どうやら、追いかけていた小さいクモが何かの拍子にノア自身にくっついたらしく、本人はびっくり仰天

ダッシュしてその場から逃げたのに体にくっついているもんだから、急ブレーキで体を振って、なんとか落として舐め舐め…。

ということみたいでした。

近くに小さなクモも居たのですが、その後クモには見向きもしてません

窮鼠猫を噛むと言ったりしますけど、いきなりの反撃はかなり効果的だったみたい。

楽しいねぇ

ノアとの日々は、想像できない楽しいハプニングが発生する毎日です。

これから、ノアにとっては生まれて初めての夏がやってきます。

水分補給には気をつけつつ、初めての夏をノアと一緒に私も楽しんでいきたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ