砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳 ~猫と暮らしてゲームして~

【光る君へ】コントラストが鮮やかな回でした

前回から楽しみにしていたまひろと宣孝の関係。

ついに、夫婦になった今回、やっぱり宣孝殿は可愛いです。

そして案の定底辺の一条天皇…。

対比がとても印象的だったなぁと感じています。

まひろ家

越前から帰って来たまひろ。

いとには良い人が出来ていて、乙丸も越前から良い人を連れてきて…。

寂しくなっていたまひろの家が一気に賑やかになりましたね。

一時期は誰かを雇うということも難しい状態だったことを思うと、賑やかさがとても尊いものに感じられます。

乙丸も前回まひろに心の内を語ったからこそ、きぬとも向き合って関係を深めることが出来たのかな~。

HPではきぬのことを『乙丸のいい人』と書いていて。

この表現、私はとても好きです。

いとにもいい人が居るのが、良いですね。

ずっと気にかけていた若様こと惟規が一人前になったことで、彼女も母的役割から徐々に抜け出ることができたんでしょうね。

いとにとっての良い男性の条件というのも、なんだか良かったなぁ。

彼女には彼女の芯があるのだと感じられて、ここのやり取りもとても好きでした。

かわいい男性

宣孝が道長へまひろとの結婚報告をする場面。

どうやらあまり好意的に受け取られていないっぽい…?

私はとても好きでした。

その後のまひろとのやり取りを含めて、とても可愛げのある男性だ、と。

宣孝は道長やまひろからすると年上の、大人の男性です。

そんな大人の男性がまひろに対して本気で恋をして、恋敵であろう相手にちょっと意地の悪いことをしてしまう。

大人げない姿が、可愛いなぁと。

まひろと道長の関係性を知らないわけではないからこそ、道長へちょっと意地悪を言って様子を伺いたい…。

とても人間らしくて、可愛らしくて。

妻や妾が何人もいる宣孝ですが、きっと全ての女性に対して真面目に全力でああしてアタックしてたんだろうなぁって想像できるのも、なんか良かったな。

手からこぼれるありふれた姿

さて、一条天皇と定子。

前回の感想雑記で嫌な予感ひしひしで、好感度もダダ下がりで…と書いていましたが、ほぼその通りでした。

一応定子的には「あなただけそばに居てくれれば…」というようなスタンスでしたが、立場の問題などもあってか一条天皇はどんどん暴走して…。

定子も難しい立場だとは思うんです。

見限られたら自分も娘も居場所がないというのは事実。

でも、ああいった場であのように伝えていてはただの愛の囁きにしかならないよな、とも思うんです。

きちんと向き合って一条天皇へ考えを伝えれば、まだマシだったのかもしれませんが…。

ただ、この世に対してだいぶと儚くなってしまった定子としては、そういう力ももうなく、なすがままで諦めていたのでしょうかね?

一条天皇が定子にうつつを抜かし政を放っていた結果、道長から辞表を出されることに。

こういうの、あるあるですよね。

本当に大切な人達が自らの愚かさでどんどんと離れていく。

定子の居るあの屋敷(?)を賑やかで華やかな場にしたいと言っていましたが、あの寒々しい空気はもうどうしようもないよねぇ。

さて、次回。

出世欲のない道長がなぜ娘を入内させたのか?

この大きな謎への答えは次回予告で出されていましたね。

タイトルもそんな感じなので、入内に向けての諸々が描かれるのだろうと想像しています。

ということは、まひろ側のお話はあんまり描かれないのかなぁ…。

せっかく賑やかになったまひろの家の話をもっと見たい私です。

ブログランキング・にほんブログ村へ