砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

ベースメイクの冒険してみています。

f:id:amai310mizu:20200413150822p:plain

基本的に毎朝メイクをしているのですが、最近ちょっと冒険してみることが増えました。

今まではアイシャドウで遊んでみたり冒険してみたりしていたのですが、最近の冒険はベースメイク。

 

これが案外楽しいんです。

 

 

 

 

リスキー

ベースメイクの冒険ってかなりリスキーな気がしています。

アイシャドウならポイントメイクだし、まぁ失敗してもどうにかこうにか誤魔化せたり、諦めたりできる部分だと思っているのですが、ベースはそのまま顔全体の問題になってくるのでなかなか冒険出来ずにいました。

 

そもそもメイク全体が薄い私。ベースの厚塗りも嫌いです。

 

以前、簡単なエステのようなものを受けたことがあるのですが、メイクを落としてエステしてもらい、終わった後にスタッフさんがメイクを再びしてくれるというサービスで…

スタッフさんがしてくれたメイクは、私にはとても濃いと感じました。

 

鏡を見た瞬間に「厚塗りだなぁ」と感じ、そう思うと顔全体がなんだか重たく感じるのでした。

 

そんなわけで、私の普段のメイクは薄め。

アイシャドウが濃くなってしまっても、ベースはとにかく薄いというのがマストです。

 

薄めで

そんな薄めなベースメイク好きの私のベースの冒険と言うと、

①化粧下地を塗る

②部分用下地を塗る

③CCクリームを塗る

④パウダーファンデを塗る

という構成。

 

リキッドのファンデなど使っていれば、これくらい塗るのだと思うのですけど…

 

下地とパウダーファンデの間にCCクリームを挟むというのが私なりの冒険です。

更に言うなら、この構成でいかに薄く、肌のアラを消していけるか?というのも挑戦。

 

下地とパウダーファンデはセザンヌの物を使っています。

部分下地はエテュセ。

CCクリームは、毛穴パテ職人のシリーズの物です。

 

この、毛穴パテ職人のシリーズのCCクリームは、かなりしっかりとしたクリームで、塗ってみると重めです。

他のブランドのCCクリームならばもっと軽い使用感の物もあるのだと思うのですが、今の私の手持ちで冒険して見ているので、このメンツになっています。

 

今は冒険の最中で、CCクリームをどれくらいの量顔に乗せるか?というところが要になっています。

多すぎると厚塗りになるし、薄すぎるとカバー力がイマイチ。

毎朝、量の調節を色々と試してい見ている最中です。

 

今考えている次の手は、部分的にCCクリームを使ってみる、というもの。

コンシーラーの役割をCCクリームに求めている感じになっていますが、この冒険が成功すれば、メイク後の肌をもっと綺麗に見せることが出来ると思うのです。

 

ということで、毎朝私の小さな冒険が続いています。

 

ベスト探し

冒険するからには新しいコスメを手に入れるというのも一つの手かもしれません。が、今は新メンバーを入れるつもりは無く、手持ちの中で出来る限りの冒険をしてみています。

 

毎朝することだからこそ、マンネリ化させずより良くなっていけるように、と考えている冒険。

手持ちの子たちだけで、ベストな肌が作れるように頑張ります。

 

これから暑くなってきてしまうと、またメイクの仕方を考え直さなくてはならなくなりそうなので、早めに第一弾の冒険のゴールにたどり着いて、新しい発見をしたいものです。 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ