砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

一人でほどほど距離のドライブ。

f:id:amai310mizu:20200802090552p:plain

車が私の元に来まして、日常生活のスーパーへのお買い物とか病院への行き帰りに乗っているのですが、ふと思い立ちまして、母の元へドライブすることに。

 

一人でそれなりの長距離の運転は初めて。

緊張しながら初めての運転でした。

大きな道をヒヤヒヤしながら…。

 

 

 

 

抜かれ放題

普段使わない大きな道をヒヤヒヤしながら運転していたのですが、勿論法定速度は守っています。が、抜かれ放題。

 

道が大きいので二車線。

私は左車線専門です。

私の前を大きなトラックが走っていたのですが、そのトラックに合わせてソロソロと走りました。

 

そもそも私の車は軽自動車で。

後ろからバンバン抜いていく車たちは普通車。

まぁ、軽自動車でも運転に慣れている人たちもバシバシ抜いていくんですけど。

 

大きな道をそれなりの速度出して走ることなんて無いので、まぁ緊張しました。

 

あと、新しい発見として、60キロ出すと私の車は注意してきます。

速度に気を付けてください、とペッパーくんみたいな声で何度も言われました。

最近の車はそういうもの??

 

猪突猛進

普段は住宅街とか田舎道を運転するのですけど、交通量の多いいわゆる県道とかそういう綺麗な大きい道を走るのは初めて。

 

基本的に運転する際には祖母を乗っけて走るので、一人で運転するというのもなかなか無いのです。

 

めったに走らない道をしかも一人で。

恐いっすー。

そもそも、母の元へ行こうと思いついてしまったのも、言葉の通り思いつきなので恐ろしい。

 

一旦思ってしまうと行動しなければ我慢できないタチなので、猪突猛進で動いてしまうのですけれども。

視界が狭くなってマトモに思考出来ない状態で母にアポをとってしまったが最後。

一人で運転して母の元へ行くことに…。

 

母の元へ無事に到着して一服の後にこの記事書いてますけど、冷静になって思えば帰りの道もあるわけでして。

しばらくは母の元に滞在しますけれども、帰りも自分が運転しなきゃいけないんだなぁ。

それを思うとなんだか気分が重くなります…。

 

慣れかしらん

新しい車には安全装置とかついていてくれるので、それが私にとっての唯一の安心材料です。

 

運転している際は、当たり前ですけど気が抜けないのでヒヤヒヤしています。

長距離の運転になればなる程そのヒヤヒヤ時間が長くなるわけでして。

 

いつか運転に慣れる日が来るのかなぁ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ