砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

心が弱いせいで悪夢を見るのです。

f:id:amai310mizu:20200826031156p:plain

自分の中で何か大事な予定がある時、楽しみにしていたイベントだったり不安なことだったりと様々なのですが、そう言った事柄がある場合、必ずその事柄に関連した悪夢を見ます。

 

しかも、そのイベントの当日の朝に見ることが多い。

 

なぜこんなことを書いているのかと言うと、今朝も悪夢を見たからです。

 

 

 

 

心の悪夢

私はそもそも心が弱い。その為に、その心の弱さがきっかけの悪夢を見るんです。

 

不安な事柄が控えていれば、その不安を煽る様な悪夢を見ます。

 

反対に楽しみなイベントが控えている場合、やっぱり不安を煽る様な悪夢を見ます。

 

今朝の悪夢は、楽しみなイベントに関する不安を煽る夢。

今日はとあるところへ行く予定がありまして、何日も前からそれを楽しみにしていたんです。

 

夢の中では、車に乗ってその場所へ向かおうとする私の前に昔の友人が現れ、車の運転席に乗られてしまい、私の行きたい場所とはま反対の方向へ連れて行かれました。

現実にある場所なんですけど、リアルに考えるならば友人にその場へ向かう途中に私は目的地で降ろしてねってことになるんでしょうけれど、まぁ夢なので。

 

約束の時間に間に合うように家を出ようとしていた私に対して、「大丈夫」を連呼しながらどんどんと遠くへ行く友人。

時間はどんどんと進んでいき、約束の時間を過ぎてしまいそうになったので相手方に電話をしようとしても電話が繋がらず。

 

焦った中で目が覚めました。

 

ひぇぇぇぇ

不安な事柄がある日に、その不安を煽る様な悪夢を見るのはまだ分かるんです。

私の場合、楽しみなイベントに対しても不安になるような夢を見る。

なにかをするという予定がある場合、ソレは失敗し、どこかへ行く場合はたどり着けない。

 

現実にある場所が舞台になっていることが多く、妙にリアルなのです。

もちろん、夢ならではの変な部分も無い訳では無いのですけど。

 

多分、私は大きな心の動きに対して弱いんでしょうね。

良いことであっても、悪いことであっても。

 

ワクワクすればするほど、手のひら返しをされるように不安に突き落とされます。

楽しい事柄が待っているはずなのに、寝起きは最悪。

 

小さい頃からそうなのです。

 

夢は夢で

夢はあくまで夢なので、それが現実になることは無いんですけど。無いと信じてますけど。

 

嫌な夢を見てしまうと、夢に関連性が無くてもなんだか現実で悪いことが起きてしまうんじゃないか?なんて考えてしまいます。恐い。

 

幸せな気分のまま、幸せにに包まれた夢を見た後のふわふわ感で目覚めたい。

あれが一番幸福。

 

眠るということが何よりも好きな人間なのですけど、夢という伏兵のおかげで寝たからと言って必ずしも幸せになれるとは限らないのです…。

 

とりあえず、今日のイベントは楽しみたい。

悪夢は悪夢のままで、何事も起こりませんように。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ