砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

随分近い彼女の話。

f:id:amai310mizu:20201010135451p:plain

私の中に居る彼女の話です。

 

先日の夜中の大号泣以来、どうも彼女が近いのです。

おかげさまで、意識がふわふわと安定せず、普段の生活が滞っている感じ。

 

 

 

 

近いね

彼女と私の距離は一定ではないので、近づいたり遠のいたりするのはいつものことです。

だから多少近づこうとも、それのせいで生活に支障が出るなんてことは無いのです。が、近すぎると困る。遠すぎても困るんですけど。

 

先日の様にピタッとハマってしまうことはまぁ滅多にないので、普段のこととは別にしますけど、彼女が近くなる、近づきすぎると、私の意識が薄まります。

 

彼女に意識が乗っとられて、勝手に行動されて、とかそういうことじゃないんです。思考、頭の中でまったく別のことを考え始めてしまって、私としての生活の行動がストップするんです。

 

アレをしよう、と動き始めても、フッと意識が薄まって別の思考を始めてしまい、すべき行動が止まる。動きが止まる。そんなだから、生活の様々なことが進まない。滞る。

 

おかげさまでブログのストックがどんどんと削られています。困ったぜ。

 

困ったちゃん

彼女が近づきすぎると私の行動がストップするので困るんですけど、遠のくとそれはそれで困る。遠のくと、メンタルが不安定になります。

 

近いと意識が不安定になって、遠いとメンタルが不安定になって。

 

程よいところに居てくれればいいんですけどねー。

距離は変動するので、まぁ、その時々の問題なんですけど。許容範囲的な、そういう距離の中なら動いてもらっても困らない訳です。

そこから抜け出して近づいたり遠のいたりすると、私の生活に支障が出る。

 

彼女が居ることに関しては、別に困ってません。

ずっと居る人なので、居ることが当たり前。だから、居なくなられる方が違和感あるんだと思います。

 

しかしながら、彼女との距離に関して私がコントロール出来るわけじゃないので…。

長い付き合いなんですけどね。そこら辺は私のコントロール出来るものでは無いんだと思います。

 

いつまで続く?

彼女が近くに居る生活。直近で思い出しても年単位で前のことなんですけど、その時は1か月くらいは続いたような記憶。

 

今回もそれくらいは継続しそうだなぁと思っています。ま、実際に過ごしてみないと分かんないんですけど。

 

ふわふわ現実が遠い感覚で生活するんだろうなぁ。こういう期間は寝て過ごすのが一番なんですけど、やらなきゃいけないことも多少あるので…。

 

難しいわー。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ