砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

春と言えばごろにゃんの季節

f:id:amai310mizu:20200306024857p:plain

世間ではコロナウイルスについて色々と憂鬱になるようなニュースばかりのようですね。私はあまりテレビを見る生活をしていないので、私の元に入ってくるニュースはとても少ないのですけれど。それでも聞いているだけでなんだか鬱々としてくる感じがします。

 

本来ならば、春だし。「この先お花見楽しみだねぇ~」みたいな感じのはずなのに。

 

憂鬱なニュースが飛び交っていても春は春なのです。猫にとってはコロナとか関係のない事。

にゃんこの『ごろにゃん』の季節なのです。

 

 

 

 

お友達??

ごろにゃんの季節って何だよ?と思われる方も多いかと思いますが、いわゆる発情期というやつです。我が家では「盛り」と言いますけれども、猫の恋の季節です。

 

我が家の猫は二匹ともメス猫。一匹はおばあちゃん猫で、本人もあんまりこういった事には関心が薄いようです。

もう一匹は正確な年齢が分からないのですけど、でもまだまだ現役な感じ。

 

しかしながら、我が家の猫は二匹とも子供を授かることは無いので、恋の季節もスルーなのです。

が、お外の子たちは当然春なので、メスのを探して毎晩ごろにゃんと鳴いています。

 

そんなある日、朝、外から帰ってくるうちの猫を迎え入れようと扉を開けたら、見たことの無い猫と隣り合って座っていました。

見るからに大きなオス猫。

見たことの無い毛並みの模様で、初めましてさんだなぁ~と私は暢気に思ったのですけど、あちらは野良さんなので人間を見てピューっと効果音がつきそうな勢いで逃げて行ってしまいました。

 

春の季節。メス猫は追いかけられる立場になるのでオス猫と仲良くする事はあまりないものだと思っていたのですけど、そうでもなかったみたいです。

 

うなーん

初めましてのオス猫に遭遇する機会が多い春。我が家にメス猫がいる事が分かっているのでしょう。家の周囲をグルグルとまわっているのかもしれません。

 

独特の鳴き声が好きではないという人も居るかもしれませんが、私にはなんだか微笑ましく聞こえてしまいます。

野生の本能だなぁ…としみじみ。

 

我が家のメス猫たちが新しく子を産むと言う事は無いので、猫の家族が増えるということは多分無いのだと思います。けれども野良ちゃんと仲良くなりたい欲はあるので、なんとか餌付け出来ないものか?と思ってしまったりするのでした。

 

あっと言う間だね

2020年だーと思っていたらもう3月です。時間が進むのは早い。

ごろにゃんの季節が終わればもう梅雨とか、そんな事言っている間に夏とか。

そんなふうになりそうですね。

 

毎年思う事ですが、振り返ると本当に時間はあっという間に過ぎていきますね…。

自分の誕生日が近いと言う事もあり、それも重なってソワソワしてしまいます。

 

そう言えば、去年も猫の盛りについて記事を書いた気が…。気のせいかもしれませんけど。

私にも春が来ないかなぁ…。って毎年思ってる気がする…。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ