砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

ザッパリいきましてん。

f:id:amai310mizu:20200827171134p:plain

髪の毛を切ろうかな?なんてブログを書きまして、有言実行。

早速美容院の予約をして髪の毛を切ってきました。

 

結果、さっぱり!

 

 

 

 

いつぶり感

髪の毛をかなり短くしました。さっぱり。

私の曖昧な記憶でも、幼稚園ぶりくらいの短さです。

 

そもそも髪の毛を短くすることをとても嫌っていた私。ショートカットなんて人生の終わりと思っていました。

しかしながら、現在はその状態。

ま、人生は終わらなかったわけです。

 

幼稚園くらいの頃に、祖父母と温泉施設へ行った時に見知らぬおじさんから男の子と間違えられたのがたまらなく嫌で、それ以降は私にとってショートカットはNGだったんです。

 

ま、もういい歳ですし。この歳で流石に男の人には間違えられないだろうという淡い願いと共に髪の毛切りました。

 

なんか、まぁ、見慣れませんけど。短くなったことに関して後悔などはありません。

シャンプーやらドライヤーに時間がかからなくなったことに驚愕している程度です。

 

人生お初

さて、今回美容院に行くにあたり何も決めずに予約をし、当日を迎えました。

 

もう10年以上通っている美容院でお馴染みの美容師さんなので、予約の際に「短くしたいということ以外なにも決まっていない」ということはお伝えしていました。

 

そして、髪の毛染めるのも面白いかもしれない…とか予算はこれくらい…ということも一応お伝えしまして。

 

普段はこうしたいという形のようなものをある程度決めて予約をするし、髪の毛を切ってもらっている最中でも割と注文つけたりするタイプです。

いつも、「重めに梳いてください」と伝えているくらいに面倒な客なのです。

 

しかしながら今回は本当に何も決めていかなかったので、美容師さんと相談しつつ切っていきました。

更には、人生初のカラーなんてことも。

 

よく分からないことばかりだったので、プロである美容師さんに相談して決めていきました。

ヘアカラーは全体を染めるのではなくハイライトを入れてもらいました。

しかしながら、何色を入れるのか何の相談もしなかったので染めている最中ワクワク。

 

結果、ピンクが入りました。

ま、私は黒髪ですし、そこまで派手なピンク色を入れた訳では無いんですけどね。

ピンク色が抜けたら茶色になっていくそう。

なんだか面白いですね。

 

次はいつかな?

ショートカットにしたので、美容院に行く頻度も増えるでしょう。

 

美容師さんは私がズボラなのをよく分かっているので、そこまで高頻度で通わなくても良いように考えてカラーをしてくれました。

ショートの長さですけど、どれくらいまで伸びたら美容院に行くのか、自分でも分かっていません。

 

どうなるかしら。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ