砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

枕の重要性に気づいたという話。

f:id:amai310mizu:20210421140700j:image

母の元へ泊まりに行くといつも気になることが一つ。

それが、寝て起きると背中が痛くなるということ。

夜中に背中の痛みで目覚めることがあるくらいに、痛むのです。

 

布団で寝起きしているので、それが原因なのかと思っていたのですが、この度やっと背中を痛める原因が発覚したのでした!

 

 

 

 

並行NG

我が家ではベッドで寝起きしている私。

母の元では畳の上に布団を敷いて寝ているので、その寝具の違いが背中を痛める原因になっているのだろう、と考えていました。

 

しかし偶然にも、夜寝ていて背中を痛める原因に気づくことに。

 

それは、体調不良の日。

氷枕を設置して寝ていたのですが、その日は普段使っている枕をオフして氷枕だけを頭に当てていました。

そして朝目覚めて気づいたのです。

「背中痛い…」と。

 

母の元で眠るときには布団オンリー。

枕は使用していません。

普段は枕に頭を乗せて寝ているので、どうやらこの枕の有る無しが背中を痛める原因になっているのだと気づきました。

 

幼い頃は畳に布団を敷いて寝ていました。

その時には枕なんて使っていなかった。

 

正直、枕の重要性とか考えたこともなく。

そもそも何のために使っているものなのかも分からなかった枕。

ベッドで眠る様になったのは中学生の頃くらいだったと思いますが、その頃から何となく枕を使用するように。

そして、今現在まで何となくで枕を使っています。

 

その存在について深く考えたことのなかった枕が、私の快眠の鍵を握っているっぽいのです…!

 

高め・硬め

枕って、合う合わないがありますよね。

高さとか硬さとか、こだわりのある人も少なく無いだろうと思います。

ただ私は枕に関してのこだわりは一切なく。

家にあったやつをなんとなく使っています。

 

ちなみに今使っている枕は、以前父が使っていたやつ。

低反発とか高反発とか、良くわかんないけどもなんかそんな感じの。多分いいやつ。

 

高さとかに関しては、自分の体に合っているか否かもよく分かっていません。

というか、そもそも自分の体に合った枕ってどんななんだろう?

寝具店などでは枕の高さとか見てくれる専門家がいますよね。

硬さとかも、好みもあるだろうけど、その人に合う硬さとかがあるのかもしれない。

 

そもそもただ横になって寝ているだけで背中が痛くなる理由がわからないのですけれども。

でも、普段使っているベッドでも枕がなければ体を痛めてしまうということは、布団とかベッドの違いではなくて枕もしくは私の体の問題なのだと思うんです。

 

そういう寝ている時のモヤモヤも、睡眠環境の専門家的な人に相談すればそれなりに答えていただけるのかしら…??

 

購入希望

母の元へはこれからもそこそこな頻度で泊まりに行くと思われます。

つまり、母の元で快眠を得るためには枕が必須!

どこかで買いたいなぁ。

 

ニトリとかでもいいんですけど。

とにかくなんか、良さげなやつを。

 

ちなみに母は枕は使用しない派の人です。

なんか、タオル丸めて枕がわりにしてるけど。

多分、私の場合もう少し高さがないと辛いんだと思う、と予想。

 

この歳になって枕について考えるとは…。

 

枕って、なんか、難しいですねぇ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ