砂糖水と雑記帳

なんでもない日常の雑記帳

健康管理のためにも!一緒に暮らす猫のおトイレにはこだわりたいな

f:id:amai310mizu:20220409053718j:plain

我が家には子猫が1匹居ます。

今までも猫と暮らしていた事があるのですが、最近気づいた事があります。

それが、猫砂って大事ってこと。

そもそも猫のおトイレにもいくつかの種類があるのですが、猫砂の質ってとても大事です。

今回は、そんなお話。

システムトイレとは?

猫のトイレと言えば、入れ物に猫砂と言われる砂を入れる物というイメージですよね。

私も、猫のトイレとはそういう物だと思っていました。

が、我が家に子猫を迎える際に保護団体の方から色々とお話を聞いていて、「システムトイレが楽で良いですよ」と言われて首を傾げてしまった私。

はて、システムトイレとは…?

システムトイレとは、二段構造になっている猫のおトイレのこと。


 

上には猫砂を敷き、下の段にトイレシートを敷きます。

トイレシートは、室内で犬を飼っている方ならお馴染みですね。

システムトイレの砂は、1ヶ月くらい交換しなくても良いそうです。

というのも、おしっこは下の段のシートに吸収され、うんちは上の段に残るので、それを回収するため。

システムトイレの砂は、水分を含んでも簡単に膨らんだりはしないらしく(少しずつほろほろしていくイメージかな)、普通の猫砂よりも長持ちしてくれるらしいです。

元々、保護してくださった方のお家では、このシステムトイレだったらしいのですが、我が家では普通に猫砂のおトイレを準備していまして…。

ただ、トライアルに来たその日すぐに準備していたおトイレでしっかり出来たので、そのまま猫砂のおトイレを家では使っています。

普段の掃除の手間は、システムトイレの方が楽なのかもしれません。

が、我が家は一人っ子を満喫している子なので、普通の猫砂のトイレでも不便は感じていません。

猫砂の機能は大事

さて、猫砂と一口に言っても様々な種類があります。

紙製の物、木製の物、おからで出来ている物などなど…種類が豊富にあり、トイレに流せる物や、燃えるごみとして出せる物も。

我が家では、燃えるごみとして捨てる事ができる物を選んで使っています。

カインズホームの猫砂がお気に入り。

と言うのも、同じような機能を持った猫砂でも、大きな差があるんです

これって、使い比べてみないと分からないことですけど。

猫砂って、濡れた後にしっかりと乾いて固まってくれなくてはいけません。

それが出来ないと、例え猫砂に消臭機能がついていてもずっと匂います…。

あと、単純にゴミの量が増える。

しっかり乾いて固まってくれれば、それだけを掬い取って捨てられるのですけど、しっとりしたままの猫砂では掬い取る量が多くなってしまうんです。

そして、しっとりしているから匂いが強くする…。

おしっこの匂いもそうですが、生乾きの洗濯物も匂う様に、しっとりした猫砂も匂うんです。

そのため、猫砂の質ってとても大事になってくる、ということを学びました。

今のところ、我が家ではカインズの『ブルーに変わる紙製猫砂』を愛用しています。

量が多くて、お手頃価格で、質も良い。

www.cainz.com

猫のおトイレ臭に悩むって言うのも、砂を変えるだけでだいぶ悩みが減るんだと思います。

気にいるおトイレに。

猫ちゃんによっては、おトイレにこだわりが強い子もいると思います。

暗くてちゃんと隠れる事ができないと安心しておトイレ出来ないとか、砂が変わるとダメとか…。

そういう好みにもよるのかもしれませんが、猫ちゃんにも一緒に暮らす人間にも合ったおトイレが見つかると良いですよね。

トイレって猫の健康管理にはとても大事ですから、整えるのも同じだけ大事と言うことですねー。

ブログランキング・にほんブログ村へ